人気ブログランキング |

耳福の音




アキラ的
買って良かった!
2018年の堂々1位はコレ!!



f0237034_18135083.jpg
2018/12末購入 自宅にて。 #SENNHEISER #ゼンハイザー #ヘッドホン #ヘッドフォン 
SONY α7RIII × FE 16-35/2.8 GM (APS-Cクロップモード)  



SENNHEISER PXC550







f0237034_18135188.jpg









*****

並の耳しか持ち合わせておらず
iTunes 経由のAACファイルをWindowsPC直再生 or
iPhone8の標準ミュージックアプリで再生という
全く拘りのないワタシ
そんな耳と再生環境でも、ヘッドホンを変えただけで
ハッキリ分かるぐらい違って聴こえます
今まで使ってた別メーカーのヘッドホンは何だったのか...

ワタシの場合、カメラやレンズや時計はモデル or 型式指定で
「コレが欲しい!」となりますが、ヘッドホンは違いました~
音の傾向なんてカタログや口コミを見てもピンときませんし
アタマへのフィット感や重さの感じ方など
試着(笑)と試聴を繰り返して好みが固まってくる感じ...

ノイズキャンセリングが強すぎて頭痛がするとか
低音マシマシだとか
メリハリ良さげと思わせて音量下げたら変とか
実に個性豊かなんですね~驚きました...
ヘッドホン・イヤホンはたっくさんの製品があるから
個性を前面に出さないと差別化できないのかもですね


PXC550に決めた主な理由は

低音から高音まで偏ることなく中立に感じられる
(イコライザとエフェクトでお好みにも)

不自然過ぎないノイズキャンセリング
(家の中での効きは充分、電車のモーター音/走行音は拾います)

強すぎず弱すぎない側圧
(深く屈むなどすると動きますが速足や階段駆け下り等ではズレません)

タッチパネル操作の利便性
(慣れが必要ですがちょっとした操作が指一本で出来て便利)


といったところでしょうか


あれこれ調べているうちに
真空管アンプやオーディオコードの自作など
音ヲタクさんの世界の深淵も垣間見てきました
気がついたらハンダ付けとかしてたりして~笑
















以下に、2週間ほど使用しての感想をまとめてみました
おヒマな方だけどうぞw









購入検討時の比較対象は
Bose QuietComfort 25/QuietComfort 35 wireless
SONY MDR-1000X/MDR-1AM2
城下工業 SW-HP20





《機能》

Bluetooth接続は壁やドアを数枚隔てた別室への移動でも途切れません
コードがないことがこれほど快適とは、使ってみるまで想像していませんでした

ヘッドホンのハウジング側面をタップしたりスワイプしたりすることで
音量調整や一時停止、送りの操作ができる点も、使ってみたら超便利!
これらのジェスチャーを使うことで、ヘッドホンを外さずに
電話に出ることもできるようです(電話機能は未使用のため未評価)
時々不用意に触って一時停止になってしまうこともあるので
タッチパネル機能をON/OFFできれば尚よいと思います



《装着感》

自分にはちょうどよいですが、某所のレビューで
頭の大きい人にはやや小さく感じるという内容を見かけました
ヘッドバンド自体は「ハチ」の張った欧米人に合わせた形なのかもしれないです
縦方向への調整代が他のメーカーに比べて少な目だと感じます



《携帯性》

ハウジング部分が水平方向と垂直方向の2段階で折れる機構により
2段階で小さくなりますが、アームバンドのカーブ自体は小さくならないため
ものすごくコンパクト、とは言い難いです
しかし、よく考えられていると思います
付属のポーチに入れるとかえって嵩張るので
幅18cm×長さ22cm(マチなし)の合皮製巾着袋に収納しています



《付属アプリ》

「Captune」はiPhoneへのDL後の初回起動時に
iTunes ⇒ iPhoneへ同期した「ミュージック」アプリのプレイリストを
サクッと読み込んでくれました
イコライザはかけずにエフェクトを「映画」にセットするだけでも
クリアで中立な音が、ライブ音源のように変化します
画面遷移が一部、分かりにくいように感じました



f0237034_18132846.jpg





《その他》

メーカー2年保証付きなのも好印象です
サポートへのコンタクトの取りやすさは
まだ事例が発生していないので不明です
あとは、イヤーパッドやヘッドアームの合皮の劣化が
穏やかであることを祈ります





by a-ki_la | 2019-01-09 19:53 | 贔屓