夏と秋の岸で #1





f0237034_17462878.jpg

2018/9/17 府中市郷土の森にて。#彼岸花 #シロバナヒガンバナ #カメムシ?(友情出演) 
SONY α7RIII × FE 70-200/2.8 GM + 1.4x Teleconverter / FE 90/2.8 Macro G  
全て クリックで少しおっきくなります  




f0237034_17465550.jpg




f0237034_17461150.jpg




f0237034_17462144.jpg




なぜこの時期を選んで咲く? 










*****

春と夏の岸の両岸に咲くと詠われたのは大好きな藤の花ですが
天気が不安定なこの時季に咲く萩、彼岸花、秋明菊も大好きです
どれも綺麗でいる期間が短い花ばかりなので
開花情報と天気予報、仕事の会議予定(=休めない)とにらめっこ
心がけが悪いのか、予定していた休暇がまんまと雨で順延に次ぐ順延で
今年も見事にハズしました~
気に入る絵は一枚も持ち帰れていませんが
来年の自分のために記録を残しておきたいので
しばしお付き合いくださいね

まずは、地元の白花彼岸花
赤いのより早く咲きますから
まだ暑いなぁとか言ってると見逃します
白花がピークの頃は赤い彼岸花はまだ若く
赤が見頃になった時には白花は華やかな一生を終えています
今年は台風の影響で、白花の被害が大きく
引きの画は撮れませんでした
というのは言い訳で...
なんだか花撮影に身が入らないというのがホントのところ









蝶が飛んできたところでこれ幸いとばかりに
彼岸花のことはすっかり忘れますw





f0237034_17470452.jpg

2018/9/17 府中市郷土の森にて。#ツマグロヒョウモン #翅裏 #ニラの花  
SONY α7RIII × FE 90/2.8 Macro G(APS-Cクロップモード)  
クリックで少しおっきくなります  




マクロレンズでじっくり目にピントを追い込めるほど
吸蜜に夢中なツマグロヒョウモンさんでした




Commented by pothoslime at 2018-09-24 19:44
こんばんわ~♡
身が入らないってウソばっかり~
見事な集中力で、ヒガンバナの美しさ、妖艶さゲットじゃないですか^^v
会議でしんどかったことを全然感じさせないくらい、バシッと撮れてますね。
私もう、ピント追い込むのを諦めました^^;
なんぼピントグラスを見ても、ちゃんと見えなくなっちゃった~
ちょっと絞って、なんとか被写界深度の中に入っとくれ~って感じで撮ってますw
Commented by hogecyan at 2018-09-24 22:36
あーーー、めっちゃ好き、最後の1枚。。。。^^

彼岸花、そこここに咲くのですがなかなか撮りには行かれず
今年はご近所で撮って終わりました、、、、
Commented by a-ki_la at 2018-09-24 23:22

■ pothoslimeさん

(ちっさい声で)8年前からちっとも進歩しておらず、
(もっとちっさい声で)さらに悪いことに花撮りが楽しくないんだものー困ったナ...orz
ワタシももう光学ファインダーは見えませんッ。
動物や昆虫の止まりものの時はピントの追い込みを頑張りますけど、動いてるものはカメラ任せ。
最近では、撮影中の再生確認もまともに見えませんw
この日はケーローの日で両親も一緒でしたので、パパっととって終わり~
父に絞り優先モードを教えてあげられたので、まぁヨシとしますか。(キヤノンのコンデジ、使いやすそう♪)

Commented by a-ki_la at 2018-09-24 23:22

■ keitoさん

花単体よりも副題があった方がいいし、副題がイキモノであったらなお
気分は上がりまーす^^
ワタシは例の名所へも行ってみたけれど、散々でした~
keitoさんの川べりの彼岸花、キラキラのぐるぐるボケ、すごいね~オールドレンズ?

Commented by roppos at 2018-09-25 03:14
巾着田デビューのはずが、仕事で行かれず、誘ってくれた友の写真に溜息。
a-ki_la さんの写真に溜息です。なかなか思うように撮れません、彼岸花。
Commented by okuryunoblog3 at 2018-09-25 10:51
こんにちは。
これはまたお見事な彼岸花。
きれいに撮れてますなあ。
さすがです。
これで身が入ってないって…
十分すごいと思いますよ。
で、蝶がやって来ると彼岸花をわすれてしまう・・・
ふふふ、そういう人大好きです。
お仲間だもん。
Commented by carbon_trek_y33 at 2018-09-25 15:42
こんにちは。今年の彼岸花もお見事ですなぁ・・(うっとり…)
切り取り方も相変わらず上手いですねー。アップも好きですけど、
引きのカットも緑の脚が伸びて、これまたええ感じですな・・。
4枚目の前ボケ+玉ボケもステキですよ。チラ見の具合がちょっとセクスィ〜ですわぃ(笑

最後にヒョウモンチョウのアップを持ってこられるとは・・なかなか〜。
締めのカットとしては、上手い組み合わせですねぇ。
こうなると、バックの彼岸花も脇役って感じですな。ご馳走さまでしたー。m(_ _)m
Commented by yaguchitenga at 2018-09-25 18:45
紅白の彼岸花が何とも艶っぽくて素敵なショットになってますね
蝶の上の彼岸花は多重露出しているようで幻想的です
ラストに蝶が飛んで来て良かったですね
しかし上手い具合に飛んで来たもんです
Commented by a-ki_la at 2018-09-25 21:01

■ 錦眼鏡さん

そうだったのですか。残念でしたね...来年は行かれますように!
ワタシは錦眼鏡さんと立場逆の状況。雨のために日程がどんどんズレてしまって
約束していた友人が仕事で行かれなくなってしまいました~残念。
2回目の連休の中日にひとりで行ってきましたが、すでに見頃過ぎで天気もいまひとつなのに
激混みで早々に退散です。

群生する様子はムリですが、花単体を撮るなら地元で十分ですね。
ただ、どこでどう撮っても「いつもと同じ」になってしまって全然進歩がありません...

Commented by a-ki_la at 2018-09-25 21:01

■ okuryuさん

何年も前から1mmも進歩してなくて。花の撮影は難しい...
蝶はじっとしていてくれたのでキリッとは撮れましたが、完全に翅裏でした(笑
肝心の「ツマグロ=爪黒」が全く見えてないんですよねぇ。
蝶が大好きなランタナなどもそうだけど、こういう小さい花の奥に確実にストローを差し込むって
凄くないですか?
昆虫からはどんなふうに世界が見えてるのか、見てみたいものです。

Commented by a-ki_la at 2018-09-25 21:01

■ sadaさん

引きの「茎」のカット、面白いでしょ(笑
ご覧の通り、まだ花が若くて残念だなぁと思いながらテケトーに撮ったのですが
緑がすごく透明感たっぷりに撮れていてキレイだったので、ボツにはしませんでした。
白花はsadaさんが撮ってらしたのと同じように、かなりナナメって咲いていましたよ。
雨風の影響です。なので、クローズアップ。

ヒョウモンさん、彼岸花ではなくてニラの花がお好みのようでした。
単純に時系列なんですよ。日記なので。(笑
この花もクローズアップで撮ったら可愛い花ですが、込み入った形をしているので
ピント位置や被写界深度には慎重にならないと、どこかムズムズした仕上がりになってしまう難しい花ですね。

Commented by a-ki_la at 2018-09-25 21:01

■ たにやんさん

赤い彼岸花、この時点では花がまだ若くて、前ボケとキラキラで胡麻化しました(笑
確かに2枚重ねたように見えますね~
この蝶はジッとしてくれていた上に、マクロレンズで寄っても動じない
素晴らしいモデルっぷりでした^^

Commented by yuta at 2018-09-26 06:16 x
おはようございます
府中郷土の森博物館は何度も訪れてます。
季節の花な風景を楽しめますね。
古い建物も魅力です。
Commented by muya3094 at 2018-09-26 16:29
こんにちは、もうそんな季節なんですねぇ_
うっかり過ごしていると、あっという間に季節が進んでしまって
手遅れ、気後れ状態ですね!(苦笑)
曼珠沙華と呼んでおきましょう・・・
天界に咲く華
花を撮るのは本当に難しいですね!
Commented by bernardbuffet at 2018-09-26 17:43
そうそう、郷土の森。ここは彼岸花もたくさん咲いていましたね。
2年前だか3年前だかに萩を撮ろうと一度行ってすっかり肩透かしを食らって代わりに思いのほか見事なヒガンバナに出会えた記憶が蘇ってきました。
あそこはそれほど遠くはないものの、車で行くと何やら変な道をくねくねと(ナビ)に誘導されて、何となく行くのが面倒な場所というイメージが脳裏に焼き付いてそれで足が遠のいてしまいました。
Commented by a-ki_la at 2018-09-26 21:47

■ yutaさん

いつの間にか入場料が値上がりしていました。
どの季節の花も多摩地域ではイチ早く咲くし、
空いているのでゆっくり見られるのも魅力ですね。

Commented by a-ki_la at 2018-09-26 21:47

■ 夢耶さん

本当に。季節の狭間に咲く花は特に、あっという間に咲いて終わってしまいますね。
自分にだって「また来年」はもうないかもしれないのだから
1回1回丁寧に撮るべきなのでしょうがどうも雑で、飽きっぽくていけません。

Commented by a-ki_la at 2018-09-26 21:47

■  bernardbuffetさん

極端な日なたと日陰に咲いていて、少々撮りにくい光ではあるのですが
しゃがんでも他の方の迷惑になりにくい作りになっていて、ゆっくり撮れますね。
>変な道をくねくね
路線バスで行ってもそのクネクネ道を通りますよ。
浄水場があって公道の整備が進まないのかもしれませんが、確かに不思議です。

Commented by kawanori-photo at 2018-09-27 04:37
3枚目にハッとしました!(^^
瑞々しさ、若々しさを感じます♪
Commented by a-ki_la at 2018-09-27 20:57

■ カワノリさん

花がまだ若いなぁとちょっとガッカリしながらの記録用の1枚でしたが
茎の初々しい緑がキレイでしたね。
もっとしっかり撮ってくればよかったです...

Commented by flat_white at 2018-09-27 21:50
すっきりと気持ちよく美しい彼岸花の写真をありがとうございます。
彼岸花を撮影していて、チョウとは縁がなくて
一緒に撮影したことがありません。
チョウのバックが彼岸花とは豪華な写真ですね^^

コメント拝見していて、ピントが…の辺り、私も本当に身近なお話で共感してしまいました。
先日の夜間での撮影では掛けたり外したりしてチェックしていました…。
Commented by saku at 2018-09-27 23:04 x
こんばんは!!ご無沙汰していま~す、『夜鷹』コメントありがとう!!
ブログシステムが良く理解できていないのですが、コメントは此処で良いのかな?
最近は鳥さんは離れてしまったのかな?
横田基地・・・懐かしいですねぇ~航空機を追っ掛けていた頃を懐かしく想い出しましたぁ~!!
また何処かでお会い出来るのを楽しみにしていま~す(^。^)y-.。o○
Commented by a-ki_la at 2018-09-28 20:30

■ flat_whiteさん

この日は貴重な晴れ間で、キレイな光が回っていました♪
他は散々なお天気で、せっかくの3連休×2回も残念な感じ。
こちらでは、彼岸花とアゲハの豪華組み合わせをよく見かけますが、
このヒョウモンチョウは可憐なニラの方がお好みだったようです・笑

あら、似たようなお悩みが?煩わしいですよね。テンポ良く撮れないし。
一眼レフの腕前以前に、自分の肉眼レフの経年劣化の方が対策急務です。
ピント精度も動体追従精度も怪しく、長時間の使用に耐えられません・苦笑

Commented by a-ki_la at 2018-09-28 20:32

■ sakuさん

sakuさんの記事は毎回拝見してるんですが、ワタシの方はすっかり鳥に縁がない時期でして…
冬季、木々の葉っぱが落ちた都市公園で身近な野鳥を撮るのがせいぜいなのです。
チョウゲンボウ参りを初夏まで続けられたのは、たまたまワタシにもチャンスのある環境だったから。
次回sakuさんにお目にかかれるのは、たぶん雛が顔を出した頃に上谷戸...かな?!
あはは、ずいぶん先ですが、楽しみにしておきまーす♪

横田は日米の輸送機戦闘機の両方が見られて楽しいです。
ワタシは軍人さんスナップ専門です^^

Commented by papricagigi at 2018-10-19 04:02
身が入っていないなんて嘘だよ~。一枚目なんて、長いまつげで遠くを見つめているべっぴんさんの様でうっとりしちゃった。a-ki_laさんの彼岸花、毎年楽しみにしているものの一つだから嬉しい♪ 立て続けに台風がやってきて、花々も痛手を負ったんだね。
先日、短い一時帰国からカナダに戻ったんだけど、日本の10月って。。。暑いね。びっくりしたよ~。まだ紅葉にはすこし早すぎた。日本の紅葉の様子も楽しみにしてまーす!
Commented by a-ki_la at 2018-10-19 20:20

■ papricaさん

ありがとう。花を撮るとすごく消耗するんだ。なんでかなぁ...
生命力溢れる相手が眩しいのかもしれないね。
今年は台風でタイミングが合わず、残念でした。

そして、お帰りなさい♪あっという間の2週間だったようだね。
それにしても羨ましい。そんなにまとめて仕事を休めるなんて!!!
そう、先週までは日によっては薄い羽織モノは持ち歩くけれど半袖の日もあったよ。
全然爽やかな秋晴れじゃなくて、どちらかといえば蒸し暑かったね。
名前
URL
削除用パスワード
by a-ki_la | 2018-09-24 18:28 | 花酔 | Comments(26)