ちょーだいな





f0237034_23241050.jpg

2018/7/21 不忍池(台東区)にて。スズメ幼鳥 
SONY α7RIII × FE 70-200/2.8 GM + 1.4x Teleconverter (APS-Cクロップモード)  




f0237034_23241028.jpg




f0237034_23241002.jpg










*****

だいぶ間が空いてしまったのですが...
先月撮影分のアップを再開しますね

不忍池の蓮を見に行ったのは今年が初でした
ここ数年は、どう頑張っても朝8時にしか到着出来ない都外の蓮がお気に入りで
それに比べたら、アクセスが良い上野はラクちん♪
ただ、蓮の背丈が高すぎてワタシには撮りにくく感じましたねぇ
蓮をじっくり撮るのは早々に諦めてハッチやスズメに目が行ってしまいます
カワセミもいるらしいので、蓮の蕾にちょんと乗ってくれないかなぁなんて
淡い期待...もちろんそんな都合よくはいきません・笑

代わりに、黄色い嘴パッキンの名残が見えるスズメ幼鳥さん発見!
池のほとりの植え込みの陰に隠れていましたが
地面にお尻がつくまで低くなれば丸見えの位置、しかも近い!
柵とゴミコンテナの隙間に自分を押し込んだ途端
運良く(悪く?か)親鳥が戻ってきて給餌!
構図を考える暇もなかったです

ほっぺや喉元の黒斑がまだ薄くて
あどけない表情がなんとも可愛らしいでしょ
割り込まないでよ~って
小競り合いでも始まるかと思ったらそうでもなくて
受け入れていましたね・笑




f0237034_23240974.jpg

この1枚だけトリミング済み 
 




びっくりしたなぁもう...






Commented by muya3094 at 2018-08-05 10:35
こんにちは、少しお元気になられましたね・・・
最近、伝えたい言葉は臆せずにその場その時に
伝えておかねばと感じるようになっています
先も短いであろう身なので(苦笑)
すずめちゃん、可愛いですよね
市井に暮らす一番身近な野鳥です
我が家のまわりでは、ひよどりのつがいが
この夏から引っ越してきたようで
甲高い囀りで賑やかになりました♪
Commented by carbon_trek_y33 at 2018-08-05 10:47
いつもながら、高精細でバッチリ構図で>チュンが浮き上がってますなァ。
同じチュンでも、こうも違うか・・と、いささか落ち込んでますけど(苦笑。
なるほど、こうして給餌シーンを見ていると親子の違いってけっこうありますねぇ。
いつもながら、a-ki_laさんの観察眼に脱帽! でありますよ。
手前のボケですが、何気にセミの脱いだ跡が・・(苦笑。ちょっと気になる…)

昨年でしたか…。
妹と話していたら、だんだんと身近な人の死に対して鈍感になってるなァ・・と。
ちょっと聞けば”冷たい”んですけど、ようは生前の付き合い方や看取り方次第かも?
うまい言葉も見つかりませんが、良いお付き合いであったのでは? ないでしょうか。
Commented by flat_white at 2018-08-05 15:02
可愛らしい♪
小さくて儚げ、でも都会の自然の中で力いっぱい生きていくのでしょうね^^

年とともに別れが増えていくのですが、
大切な人との別れはなかなか受け入れるまでが大変ですよね。
そんな人ほど早く亡くなってしまう気がします。

Commented by hidamaribenchi-me at 2018-08-05 15:47
アキラサン 
お写真で最近の経過で見守っておりました。

蓮の名所に行きながらも・・アキラサンの心を射止めたすずめ親子^^
可愛い^^ 半分青い不忍池の蓮が可愛い時間を招いてくれたのでしょうね。
よかった♡ココロを慰めてくれるのはやはり相棒のマイカメラ。

あの夏。
人間は一生のうち逢うべき人に必ず会えるとも言います。
うまく言えないけど・・そんな出逢いだったと思うんですね。
一回こっきりの人生・・・出逢った人すべてに感謝しつつ。
谷戸越しの夕景。この光景ワタシもわすれないでおく。
Commented by u-tan1114 at 2018-08-05 16:49
黄色いパッキンがかわいいです。
ツツジの中での餌やり良く見つけられましたね~
餌やりの瞬間を捉えられたショット流石です!
上野はスズメや野鳥が多いですね。鳩、カラスも。
住みやすい環境なのでしょうか。
私も先日行った時に見かけましたが、
この暑さでも一生懸命に生きてますね。

お友達のご不幸、お辛いですね。
私も数年前にお世話になっていた身近な人が旅立ち、
なかなか浮上できませんでした。
後悔しないようにお付き合いしていきたいです。
Commented by yaguchitenga at 2018-08-05 17:45
仲睦まじいスズメたちですね
上手い事表情を切り取ってますなぁ
カワセミが不忍の池に生息していると云うのは初耳です
何か良い餌でもあるのでしょうか。コイとかデカくて無理だろうと思いますけどね
メダカとかビッキとかかな
Commented by a-ki_la at 2018-08-05 20:10

■ 夢耶さん

はい、ようやく...かな。どうでしょう...
そうなんです、シャイで変わり者の多い(自分はどうなのよ?)鳥屋さん達の中で、
この方とは最初からウマが合いました。撮影ではたくさん面倒を見て貰ったのに
ちゃんと感謝の言葉を伝えられてなかったかも?と、とても心残り。

ワタシが写真を始めた頃の鳥カテゴリのラインナップは、ハトカモカラススズメに、ニワトリでした。
腕も伴わないくせにいつの間にか、色の派手な野鳥、カッコいい猛禽と贅沢な撮影ばかり。
身の丈をわきまえ、感謝の気持ちを忘れず、
その気持ちを伝えることも心かげていかねばなりませんね。

Commented by a-ki_la at 2018-08-05 20:10

■ sadaさん

背景が暗い分、救われただけで、高ISOなのでノイズも凄いです。
sadaチュンはいつもクリアなので、目標にしてますよ。
ほっぺの黒チークと喉元の黒スカーフが濃く大きくなると、途端に精悍な感じというか、
夏だとふっくらしていないせいもあって、むしろ険しい印象になりませんか?
うわっ、さすが!コメント読むまで全く気が付きませんでした。< セミのスーツ!!
随分低いところで羽化してしまって大丈夫だったのでしょうか...??

そうですね、人と「関わる」ことに異常に神経質になる人もいれば、相手が戸惑うほど
あけっぴろげな方もいて、難しいです。特に鳥屋さんは特殊かも~ (ボソ
写真に対する考え方にとても共感できる方で、もっと色んなことを教えてもらいたかったのですが。

Commented by a-ki_la at 2018-08-05 20:11

■  flat_white さん

人影にも割と無頓着な都会のスズメたち、この環境を大いに利用して
逞しく育ってほしいですね。
それにしても、動植物には過酷な気候になってしまったようです、ニッポン。

兄弟姉妹の多い両親をもつせいか、若い頃から親戚を見送った回数はかなり多いのですが
同世代の友人が亡くなったのは人生で初めてでした。
受け入れたかと聞かれれば、たぶん未だNoですね。

Commented by a-ki_la at 2018-08-05 20:12

■ つっちさん

むふふ、「半分青い」の表現では物足りないのでは??
初訪問でしたが、殆ど青い。ことに驚きました。あんなに葉っぱの背丈が高くなるなんてー!!
冬の景色との差もすごいですよね...

>逢うべき人に必ず逢える
つまり、ソリの合わない人であっても出逢うべくして出逢う、という考え方になります?
かなり前向きだなぁ...そんなふうに受け止められるオトナにはなれそうもなく...

手紙舎さん、つつじが丘のめっちゃ遠い場所にあった頃も、パルコの中にあった頃も知ってますヨ。
ちょっと懐かしくなりながら拝見しました。

Commented by a-ki_la at 2018-08-05 20:12

■ u-tan1114さん

くにゃっとしたカーブが弾力のあるパッキンを想像させてくれますよねー
何かごそごそしてる!→幼鳥じゃん??→ わー 餌持ってきた!
までがあっという間で、ワタワタしました。
親と大きさ変わらないまでになっているのに、甘えん坊ですよね。
鳥の子育てはホントに手厚いなって思います。しかも両親参加ですもん。

なかなか受け入れられませんね。
お別れの時に、突然というのはフェアじゃないなーって、文句も一緒に言ってきました^^

Commented by a-ki_la at 2018-08-05 20:13

■ たにやんさん

兄弟か姉妹か...明らかに成長度合いが違う2羽。
給餌の瞬間はライバルになりますけど、親鳥が帰ってくるのを待ってる時は
2羽仲良く並んでウトウトしていましたよ。

1年以上前の情報ですが、いるようなんですよね。
あの広い池のどこにいるのかは知りませんが。

Commented by じゅんじゅん at 2018-08-05 20:38 x
可愛いですね。。しかも「スズメ」の雛への給餌とは。。
なかなか見ることのできない瞬間です。。私は見たこと有りません。。
しかもタイミングばっちりの給餌カット。。お見事です。。(笑)。。
Commented by a-ki_la at 2018-08-05 21:28

■ じゅんじゅんさん

やったー!「お見事」いただきました (^O^)/
色や囀りの「キレイな野鳥さん」に興味が出てきたのは、ここ1年半ほどのこと。
それまではスズメやカラス、ニワトリ(の主に趾)などを好んで撮っていたのです。
スズメは砂浴びシーンも楽しいですね。
またいつか「キレイな野鳥さん詣で」に連れて行ってもらえるよう
街鳥さんでたくさん練習しておきます・笑

Commented by big-bambooboo at 2018-08-05 23:00
こんばんは〜
うわーすずめの給餌シーン凄いなぁー
ハスより夢中になる気持ちわかります
きょうだいで並んでいるのも可愛いですね〜
不忍池のほとりではスズメおじさんとか呼ばれている方がいて
餌を手に持ってスズメが群がっているんです(何十羽も)
大騒ぎしてそれをスマホでみんな撮っている。。。
私はあまり好きな光景ではないのですが、
見かけませんでしたか?

akilaさん大切なご友人のご冥福をお祈りいたします
私も同年代の友人を何人か見送りました
亡くなるのには早すぎて、
私は歳をとるのに時々思い出す友人はいつまでも若いままでズルイと思ってます
もう何年も前なのにメルアドもなぜか消せなくて。。。

忘れずにいたい

時が経っても忘れることはなく

Commented by bernardbuffet at 2018-08-05 23:24
ぱっと見て「スズメ? でもそんなありふれ鳥を撮るはずもないし・・・。確か専門はbirds of prayじゃなかったか?」とか半信半疑で読み進めるうちに「ススメで良かったんだ」とホッとした次第。こんなに大ぴらに人目をはばからずに餌を与えるのですね。あ、「不忍」ですか、なるほど(笑)
Commented by okuryunoblog3 at 2018-08-06 15:45
こんにちは。
スズメの幼鳥、可愛いですね。
でも、餌の取り合いはなかなかすごいものがありますね。
今回は、穏やかに受け入れてひと安心です。
不忍池のカワセミ、一度だけ見たことがあります。
でも、蓮の花の上ではなくボートの上でした。
いつか、そんな場面に出会えるといいですね。
大切なご友人のご不幸、お悔やみ申し上げます。
お別れは悲しいけれど、思い出はいつまでも心の中にしまっておけます。
月並みなことしか書けませんが、少しずつ元気を取り戻してくださいな。
素敵な写真をこれからもお見せください。

Commented at 2018-08-06 19:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by a-ki_la at 2018-08-06 22:07

■ big-bamboobooさん

割り込まれてキョトンとしてる子の方が幼く見えて、ワタシも兄弟スズメかなと思いました。
餌オジサン餌オバサン、どこにもいますね?2週連続で行ったのに会いませんでしたよ。
地面で採餌に夢中なスズメたちは、触れそうなくらい近寄ってきちゃって焦りました。
ここでは人影を怖がっていたら暮らせないのかもしれませんね。

そうですね。ワタシも消せないかも。友人との別れは今後増える一方のはず。
受け入れ難くとも、自分を鎮められるようになりたいものです。

Commented by a-ki_la at 2018-08-06 22:07

■ bernardbuffetさん

いやいや、猛禽専門って。笑
彼らなりに隠れていたつもりだったのかもしれませんが、
ピンポイントで丸見えになるアングルがありましたよ。
ワタシが動くと親鳥が警戒するので、石になったつもりでモニターチェックもせずに
ひたすら連写です。

不忍。山田くんを呼んでおきますね。3枚持ってくるように言っておきます^^

Commented by a-ki_la at 2018-08-06 22:08

■ okuryuさん

兄弟姉妹仲良くひっついて親の帰りを待つのに、
親鳥が戻ってきた瞬間にライバルになるのは、スズメもツバメもチョウゲンボウでも
みな似たようなものですね~
鳥は大変だなぁって、鳥の生態を見るにつけ思うのですよ。

お気遣いありがとうございます。柄にもなくメソメソ長引きました...
今季で猛禽は引退かもですねぇ。鳥待ち中も、一人足りないって思ってしまうに違いなく。

Commented by a-ki_la at 2018-08-06 22:08

■ カギコメさん at 2018-08-06 19:24

哺乳類、特にニンゲンって、3頭身のバランスの小さなものに、
無条件に愛しさを感じるように出来てるのかもしれないなーって思うのです。
ほっぺが黒くなる前のスズメが大好きで、6-7月はスズメの撮影率が上がります。

思ったことをそのまま綴ってしまうので、皆さんにずいぶん心配をかけてしまったようです。
どうにも不器用なので、メンドーなことは嫌い。シンプルに生きたい。
それだと摩擦も起きやすく難しいです、ホント。

Commented by yuta at 2018-08-07 06:26 x
おはようございます
幼鳥かわいいですね。
親子の姿がほほえましいです。
一方人間は親が子供を虐待したり殺したり、
子供が親を殺したり・・・
いやですね。 ^^:
Commented by a-ki_la at 2018-08-07 19:34

■ yutaさん

鳥の子育ては手厚いな~とは思いますが、実際は見たり調べたり聞いたりすればするほど
冷酷とも思える一面を知ることになります。
ただ、それはそれぞれの種の本能なのですよね。
ヒトが時として似たような行為に走ることに関しては、到底理解できませんね。

Commented by pothoslime at 2018-08-07 21:20
こんばんわ~♪
気持ちのお加減いかがでしょうか。
しばらくしんどいと思うので、どうぞ無理をしないようにお願いします。
出会ったら必ずどこかで別れないといけないのは、この世の常みたいなもんですが
やっぱ辛いもんですよね。
私も同期が2人ほど、いなくなっちゃいましたが、私も近いかもなんて
ぼーっと考えるこのごろです。

スズメちゃん…お見事です☆
現代版鳥獣戯画って感じですよ~
スズメの動きや、表情がほんと、いろんなストーリーを物語っていますね。
これからもどんどん鳥さん追いかけて、素敵なのを撮ってくださいね(^-^)
Commented by a-ki_la at 2018-08-08 18:49

■ pothoslimeさん

すみません、ご心配おかけしました。
ちゃんとお礼を伝えていなかったし、ワタシがもう少しマシに撮れるようになるまで(なるのか?)
毎シーズン猛禽参りが出来るのだと思ってました。
これからもますます避けて通れないことだと思うと、気持ちを制御できるようにならないとですね。

数か月間、下手なりに鳥を撮ってきて思ったのは、飛翔写真にあまり興味がないんだなぁってことでした。
あれこれとストーリーを想像できるような仕草や鳥のいる風景を撮っていきたい。
車移動が出来ないので、秋冬まで暫くお休みになりますけれど。

名前
URL
削除用パスワード
by a-ki_la | 2018-08-05 09:52 | 花酔 | Comments(26)