アイソメ寫眞館 Non Scale, Non Focusing    斜に見て縮尺不定の写真たち

無常





f0237034_22263717.jpg

2018/6/1 祇王寺(京都市右京区)にて。 
全て SONY α7RIII × FE 16-35/2.8 GM  




悲しみは緑陰に隠し
憎しみは苔にうずめます












f0237034_22094174.jpg

 












f0237034_22264243.jpg

 




人の心も移ろいます













*****

平清盛に寵愛されてのち捨てられた
祇王という名の遊女のお話
嵯峨の地で髪を下ろし尼となって日々を送ったお寺さんだそう
庭メインの鑑賞になりますが
それはそれは素晴らしかったー!

*****


3年半ぶりに京都へお邪魔してきました
梅雨入り前の好天に恵まれて2泊
ワガママ言い放題のワタシを
いつももてなしてくれる友人夫妻には
どれだけ感謝してもしきれません
ありがとう








カオッチのブログの↑この辺りの記事からご覧いただければ
今時期の旬な京都を堪能いただけるかと思います
ワタシの方は超スローペースになりますので・笑

コメント欄、開けたり閉めたりでスミマセン
訪問がゆっくりだったり
返信の前に次の記事をポストしたりするかも~
どうぞお構いなく




Commented by yuta at 2018-06-06 05:17 x
おはようございます
一面の緑すばらしいところですね。
京都は物語がある素敵な場所が多いですね。^~^
Commented by okuryunoblog3 at 2018-06-06 06:21
おはようございます。
苔むした庭園、心が洗われるような・・・。
今の時期の京都って、行った記憶がないなあ。
こんな庭園を見ながら、のんびりしてみたいものです。
Commented by a-ki_la at 2018-06-06 20:07

■ yutaさん

歴史や古典は苦手ですが(実のところ得意なものなんてないデス...)
こんなふうに訪れた場所にまつわるエピソードが
自分に引き寄せて解釈できる内容だと、一層楽しめます。

Commented by a-ki_la at 2018-06-06 20:07

■ okuryuさん

2・4・6・10月は行ったことがありますヨ。8月は遠慮したいですねぇ...
桜も葵祭も終わり祇園祭で賑わう前の狭間ですが、修学旅行生が溢れていました・笑
比較的静かなスポットばかりを選んで回ってきました。
旅行にはなかなか行けないので、今回はだいぶ欲張った行程でした^^

Commented by u-tan1114 at 2018-06-06 20:43
もう京都には何年も行ってませんが、
京都の新緑と苔は本当に綺麗ですよね~
祇王寺、大原の方でしたっけ?
見ているだけで気持ちが浄化されそうです^^
苔に差した光も素敵です!
また行きたくなりました~
Commented by pothoslime at 2018-06-06 22:25
こんばんわ~♪
トーキョーガールw 古都を散策~♪
やっぱり大きな写真で見るのっていいなぁ~
緑が美しいですね。
この時期はあまり人も多くないのかしらん。
穏やかな時がゆっくり過ぎていく感じのフォト、イイですねw
Commented by carbon_trek_y33 at 2018-06-07 12:41
あらま・・2泊3日だったんですな。お疲れ様でした。
天気にも恵まれて、お仲間さんと素敵な京都滞在だったようで何よりですね〜。

しかし、ホントに”緑の共演”という感じで。ここまで見事な苔の絨毯も珍しいでは…。
そのぶん、かえって撮り方が(構図も)難しい気がしますねぇ。どう撮っても絵になるけど、
ここもセンスが物を言いそうで。いつもながら、さすが! であります。
(↑)マジで人が写っていない(笑)京都のお寺でコレは貴重なのではありませぬか…。
Commented by muya3094 at 2018-06-07 18:46
好い時を過ごされたようで羨ましいかぎり、
この時期の京都もいいもんでしょうねぇ~
緑が適度に湿気を帯びて瑞々しい季節・・・
訪れる場所の歴史とか様々な由来を知っているのと
知らないのとでは、感慨に雲泥の差がでますよね
もしかして<晴れ女>でしょうか?
Commented by yaguchitenga at 2018-06-07 21:14
祇王寺に広がる苔が素晴らしいです
清盛も可哀想な事を祇王さんにしたんですね
ホント無常という言葉が似合いますね
諸行無常の響きあり、そこから先が思い出せませんです
しかしなんですな、何かをすると自分に跳ね返ってくるんですね
それも源氏に滅ぼされた由縁でしょうかね
Commented by a-ki_la at 2018-06-07 22:51

■ u-tan1114さん

若い頃は結構行ったのに、今回はちょっと間が空きました。
祇王寺は嵐山・嵯峨方面。嵐電駅からは距離が少しあるせいか、
混雑はメインストリートよりはいくらかマシですヨ。
この陰翳は素晴らしいけど、写真で持ち帰るのはなかなかハードルが高く感じました^^;
肉眼レフに勝る写りのものはないのかも??

Commented by a-ki_la at 2018-06-07 22:51

■ pothoslimeさん

トーキョー「元」ガール。
ぽとすさんと一緒に男子トイレに入ろうとしたのはワタシです・笑

金曜の昼前ですが、この辺りは人が少ないみたいでした。
嵐山銀座?の方は人で賑わってましたよ。
予約がいるところや、高い料金を払うところ...苔の有名なお寺さんは
他にもたくさんありますが、ここはその点は良心的でお気に入りになりました^^

Commented by a-ki_la at 2018-06-07 22:51

■ sadaさん

そう、贅沢でしょう?しかも、市内のみならず遠出まで。
もう旅行は最後かもしれませんので、大好きな友とべったり3日間。楽しんできました。

>どう撮っても絵になる
有名処はそういう難しさがありますねー
流行りの方向...もうちょっと暗めに&青めに仕上げるか迷ったのですが
実際は黄緑色に近かったですので、青に寄せずアゲず(笑)の自然派です。
特に人払いを意識したつもりはないのに、あら、ホントですね~ラッキー♪

Commented by a-ki_la at 2018-06-07 22:51

■ 夢耶さん

滞在中の3日間だけ見事に晴れマークが並びました。元々は雨症なんですよ。
夢のような楽しい休日でした。

もしかしたら、写真よりも「書きたい」だけなのかもしれません。
あることないこと取り混ぜて、ちょっと気の利いた小話。
もっと日本語が正しく使えたなら、ですけれど。苦笑

Commented by a-ki_la at 2018-06-07 22:51

■ たにやんさん

苔は見事でした。人に手をかけてもらって大事に整えられているのがよく分かる
こういう庭は、自然林とはまた違った楽しみ方がありますね。

形あるものはいつかはなくなるし、人の気持ちも移ろうものですねぇ。
それを思うと、写真はその瞬間の姿や気持ちを半永久的に残すことが出来るのだから
これってすごいことです。

Commented by wulm at 2018-06-08 23:18 x
こんばんは
春の桜・・秋の紅葉・・冬の雪・・
そうかそしてこの緑のグラデーションが加わると初夏なんだな。
新しい京都の魅力だね。涼しげに感じないのもまた京都らしい(笑)
Commented by a-ki_la at 2018-06-09 10:01

■ wulmさん

おはようさんです^^
秋の赤も見事だけど、初夏の緑のグラデにも魅せられましたよ~
自然の美しさと人の手間暇をたっぷりかけた美しさの合作というのも、京都の庭ならでは、かも。
あはは、確かに!深緑なのに「涼感」とはちょっと違う。
実際、真夏の無風の日だったら暑くてかなわん...と思います。

Commented by sternenlied3 at 2018-06-09 16:28
初めまして。

yaguchitengaさんのところから覗いてみたら、懐かしの祇王寺ではありませんか!
日本を離れて久しいですが、関西人で、京都嵯峨野は大好きな場所で、
特に祇王寺は気に入っていて、忘れられない思い出もあります。
その思い出は以前記事に綴ったことがあります。
前置きが長いのですが、思い出となった体験は後半に書いております^^

https://lichtblume.exblog.jp/16382949/

色々記事を拝見しましたが、素晴らしい写真を撮られますね!
クシャミをしてるリスには思わず頬が緩みました。
他の写真も見てみたいと思います♪
どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by a-ki_la at 2018-06-09 20:16

■  sternenlied3さん

ようこそいらっしゃいませ。
関西ご出身なんですね。祇王寺の記事、読ませていただきました。
ワタシが行った時は草庵は数名の方がお座りになっていて、
あまり広くはないのかと思い上がらなかったのです。
虹の窓は見てくればよかったですね。

雑多なブログで、あることないことを書き散らし、
さもないことをさも何かありげにデフォルメしているクセの強いブログですが(笑)
どうぞよろしくお願いします。

Commented by papricagigi at 2018-06-10 16:00
こんばんわ! 
祇王寺かぁ〜(うっとり。メモメモ)。苔の緑はどうしてこうも人の心を癒してくれるんだろうね。ところどころにこぼれ落ちている光にも、心を揺さぶられる様。祇王の話、始めて聞いたよ。そんな話を重ねてこの風景を眺めると、彼女の想いが染みこんできそう。
夏になるとこの苔は乾いてしまうのかな。青々とした庭園を楽しむのなら、梅雨前までがいいのかな。いつか行ってみたいな〜。
Commented by こうち at 2018-06-10 16:54 x
こんにちわ♪
京都、嵯峨野いいなぁ。行きたい…
高校の修学旅行、小雪が舞う中歩いたのが最後。もう30数年前…
諸行無常。盛者必衰。心に響きますよね。
Commented by a-ki_la at 2018-06-10 22:53

■ papricaさん

平家物語には、捨てられた祇王さんも、新たに寵愛を受けた方の女性も、
どちらもすごく「人間が出来た女性」のようなエピソードが。
実際はどうだったんだろうなぁと意地の悪いこと考えたり。

真夏はどうなるんだろうね。いくらか鮮やかさを失いながらも
完全にダメになったりはしないのではないだろうか。
秋は紅葉とのコラボも綺麗と思うよ。 混雑を避けるなら今時期がよいのかも。

Commented by a-ki_la at 2018-06-10 22:53

■ こうちさん

嵐山方面はオフシーズンの平日でもそこそこ人がいましたよ。
こっち方面はいくらか静かで、ゆっくり撮るには好いですね。
ワタシも中高ともに修学旅行は京都でした。
学校が嫌いな子だったので、どこを回ったかどの季節だったのか全く記憶にありません。
たぶん、ズル休みはしなかったと思うのですが...笑

Commented by bernardbuffet at 2018-06-13 21:40
私の好きな祇王寺ですね♪
紅葉を撮るならこことお隣の常寂寺というパタンになってしまいます。
といいつつ、実は京都で最高だと思うのは新緑の頃。
京都はいたるところに人手が入っていて植栽が吟味されているので、紅葉も新緑も彩が楽しめます。
昔は人がこれほど多くなかったのに、最近はいつ行っても人の波にのまれ、少し足が遠のいています(苦笑)
Commented by a-ki_la at 2018-06-13 23:01

■ bernardbuffetさん

たくさんコメントありがとうございます。
常寂光寺も「そうだ、京都」で取り上げられてから、すっかり有名になりましたね。
ワタシも苔の頃が好きですねぇ。
紅葉なら関東でも素敵なところはたくさんありますが、苔は京都ならでは、と思います。

名前
URL
削除用パスワード
by a-ki_la | 2018-06-06 00:03 | 日月 | Comments(24)