アイソメ寫眞館 Non Scale, Non Focusing    斜に見て縮尺不定の写真たち

密に咲く

f0237034_2249548.jpg

紫陽花も傘も、家も。



長谷寺(鎌倉市)にて。






結構な傾斜デスネ。
山内通路はすれ違うことが出来ないほど狭いので、一方通行でした。
ここで姿勢を低くして撮りたくて一度しゃがんだものの、迷惑行為と気付き。
腰を浮かせた時の、未練がましさいっぱいで中途半端な一枚。(笑)

ジオラマのアートフィルタをかけてみたら、何だかクラクラするなぁ。


Commented by happy-spice at 2012-06-21 23:39
長谷寺の紫陽花は上から見下ろせる感じがいいよね^^
混んでいなかったら行くのになぁ~ 無理な望みだね
Commented by fiat_lux at 2012-06-21 23:41
a-ki_laさん、こんばんは。
黄色とか、エメラルドグリーンとか派手な紫陽花ですね・・・ッテ、チガウダロ
juneさんのところでも拝見したのと同じ坂でしょうか!?
夏至も過ぎたし、ウカウカしていると紫陽花の季節が終わってしまいそう・・・
Commented by yume-maboroshi at 2012-06-22 09:47
ジオラマ仕立てかっちょいい!!
鎌倉の長谷寺はこんな斜面にあるのですねぇ~
これに人がいっぱいだとそりゃ大変だ。
おちおち撮影できませんねー

紫陽花に負けないだけのカラフルな傘
これまた同じような家のカラフルな屋根
手前の紫陽花が主役なんだけど それ以外の紫陽花が
いっぱいさいている様が なんともいえず素敵です。
んでまた木々をうまくフレーム状にして
そこから街並みを円形に臨んでるところがニクイ!
Commented by kaotti-1 at 2012-06-22 13:47
いや!おもちゃ箱みたいや~ん(´ー`)それもとっても楽しいおもちゃ箱。
1日覗いていても飽きない様な・・・

でも不完全燃焼だったのね。混むとそうなる事多いよね。
おとつい行った勧修寺はホント人少なかったです。
それでも撮ってきた写真を家で見直して・・・・・--;ってなるkaotti
そのくせなぁんにもしようとせんからどうしようも無いわな(爆)ハハハ
Commented by june_an at 2012-06-22 15:54
その迷惑行為。わたしやりました。。スミマセンm(__)m
かなりやりたい放題に紫陽花の中に潜るように撮ってましたw
一応通路はちゃんと確保してましたよ^^;
急な斜面がさらに急に見えますね。 なんか落っこちそうだわ。。

>fiatさん、
残念ながら、まだ長谷寺の写真はアップしてません(><)
更新が追いつかないのよ〜(泣)
・・・と、ここでレスして申し訳ありません>aki_laさん^^
Commented by ぽとす at 2012-06-22 22:11 x
こんばんわ~♪
中腰の撮影って最もしんどいし、カメラの保持もしにくいですよね^^
その姿勢から、立ち上がる時の腰椎への負担は想像以上ですね。
私も狭い道でアジサイ撮って、人が通る度に「スミマセン」の繰り返しをやってましたよ^^;

もうちょっと粘って撮りたかったですね。
でも急な傾斜の感じがよく出てて、ちょっとハラハラする素敵な画になっていますよ(^-^)

お腰は大丈夫でしたか?
(ぽとすと一緒にすんな!ってか~ ^^;)
Commented by emikan at 2012-06-23 00:21 x
高所恐怖症(私そう)だったらビビりそうね。
写真見てても恐いもん。ズリッと滑りそう。
でもとっても楽しいお写真。
紫陽花たちはいつも静かに下界を眺めているのね。
Commented by 成記 at 2012-06-23 07:59 x
なんか向こう側の地面がめくれ上がって、こっちに迫ってきてるように見えるよ。
長谷寺っていろんな色のアジサイが咲いてるみたいで、バラエティに富んでてイイね。
それに引き換え勧修寺はブツブツブツ・・・・・
Commented by a-ki_la at 2012-06-23 19:01
■ happy-spiceさん

そうね。このコンパクト具合がキュッと視線を引き付けるのだと思う。
現地が混むのは諦めてるけど、ワタシにとってはアクセスの悪さがネック。
西東京から乗り換え最小限にしようとすると電車本数が少なく、
北鎌や江ノ電の混雑はハンパない。住民の方もこの時期、大変だね。
Commented by a-ki_la at 2012-06-23 19:01
■ fiat_luxさん

百貨店の婦人傘売場のよう...でしょ?w
juneさんはワタシらと逆コースで、もしかしたら成就院から
先に行かれたのかもしれませんね。
ちなみに、ワタシは成就院のシャシンが全滅でした。あ、聞いてないデスネ。
このたびの受賞、ホントにおめでとうございました☆
Commented by a-ki_la at 2012-06-23 19:01
■ ta-taさん

ジオラマかけるなら、ピンはもう少し奥にないと何だかキモチワルイのね。
やっぱり、特殊な効果フィルタは、適用するのを前提で撮ってないと
難しいな~ 花にジオラマかけるなんざぁワタシぐらいか?!w

紫陽花から続くモザイクタイルが崖下まで。
そんな表現になるといいなぁと思ったんだ。
ワタシのちょこざいな狙いをいつもta-taさんが汲んでくれることに驚き、
ありがたく思ってマス。
Commented by a-ki_la at 2012-06-23 19:01
■ kaottiさん

あぁ!おもちゃ箱。
カラフルでいろんな形のものがどさっと入ってる楽しい箱!

たくさんのカメラマンがベストポジションを確保したいと思うのは、皆おなじ。
それでも、勘がよくて引きのいい人(もちろん腕もいい)は、
同じ条件でもはずさないんだよ。すごいなぁ。
失敗たくさんしたけど、この雨撮りはとても得るものが多かったよ。楽しかったし^^
kaottiさんとも、スナップ&食い倒れツアーしてみたい!!
Commented by a-ki_la at 2012-06-23 19:01
■ juneさん

うひゃひゃ。juneさんが行かれた時は雨降りではなかったもの。
この日はね、デカい図体(笑)&カメラバッグ&傘で、
ちょっと立ち止まるだけで迷惑な感じでした。
山っていうか...崖だったよね?!こんなに傾斜が急だったとは思いもよらず。

>fiatさん
長谷寺と成就院は近いので、どうぞセットでお楽しみください。
途中で「力餅屋」さんに寄ることもセットに含まれます。juneさん、寄られました?
Commented by a-ki_la at 2012-06-23 19:01
■ ぽとすさん

中腰、腕や肩への重量負担、息止め、瞬き減らしのドライアイ。
カメラってずいぶんと体に悪い趣味ですね~w

お寺さん自体が山を背にして立っていて、
崖の表面をジグザグに登り降りるするような園路なんです。
なので、見上げても見下ろしてもキレイなんですよ。って、
このシャシンじゃ伝わらないか...orz
Commented by a-ki_la at 2012-06-23 19:02
■ emiさん

あれ?emiさん、高いところ苦手でしたか?なんだかとても意外に思います。
ワタシ、足元が揺れさえしなければ、高いところは好きなんです。
ふだん、平坦で高層建築のない土地で暮らしているから、
山・坂・崖とか、高層マンションとかに、すごーく憧れがあります。

そうね、人は紫陽花を見に。紫陽花は人と街を見てるのかも^^
Commented by a-ki_la at 2012-06-23 19:02
■ 成記さん

ブレてて、ピントが手前なのにジオラマかけたから、
画面がおかしなことになってると思われ。

西洋アジサイが見頃だったので、ヤマアジサイ系は既に終わってましたが、
それでも種類は多かったですよん。
鎌倉にもね、青い紫陽花ばっかりの有名なお寺さんがあるの。
勧修寺の集真藍(あづさい=藍色が集まったもの)、すごーくステキだった!
Commented by アキラ at 2012-06-24 20:56 x
不思議なボケ方・・・と思っらアートフィルターですか!
これもありですね。
色味もこってり、深い感じであ雨っぽさが出ていていいですね。
Commented by a-ki_la at 2012-06-25 20:49
■ アキラさん

Raw撮りなので、気が向いた時に後からかけます。
効果の適用に強弱がつけられないから、純正のアートフィルタは滅多に使いません。
ただでさえこってり系の@アイソ画が、ジオラマ適用でベタベタですわ。w
うん、確かに雨っぽさは強調されたかも~^^
Commented by bacchus06 at 2012-07-05 22:07
お久しぶりつ子です。
ジオラマ大好きです。
オレンジ色のアジサイもいいですね。
Commented by a-ki_la at 2012-07-05 23:36
■ bacchusさん

こちらこそ、ごぶさた~んデス^^
コメントを残さず失礼しておりますが、いつも楽しみに拝見していますヨ。

菖蒲だったかな、お城だったかな...あ、両方でした。<いま、見てきたw
アートフィルターを見事に使いこなしてらっしゃいましたものね。
もう少し適用の強弱を選べたら、ワタシももっと使っていきたいなぁ。
名前
URL
削除用パスワード
by a-ki_la | 2012-06-21 22:51 | 花酔 | Comments(20)