アイソメ寫眞館 Non Scale, Non Focusing   斜に見て焦点のない写真

いとしと書いて藤の花



f0237034_23504612.jpg
2017/5/3 國領神社(調布市)にて。千年乃藤
SONY α6500 × FE 70-200/4 G
クリックでおっきくなります




「い」の字を10個タテに書いて
「し」をその真中に







f0237034_23504531.jpg
同上

クリックでおっきくなります




藤の花の房を横から眺めた姿は
歌に唄われるほどなのに







f0237034_23504608.jpg
同上
SONY α7II × FE 70-200/4 G
クリックでおっきくなります




アキラ的には
真下から眺めるのがツボでございます













*****

時期遅ですが、今朝撮りに行ってきました地元の藤
これを見ないとGWが始まった感じがしないのだもの
今年の花付きも悪くて残念でした

冒頭は「いとし(愛し)と書いて...」のくだりは
長唄の歌詞からネタをお借りしました m(_ _)m




Commented by kaotti-1 at 2017-05-04 01:49
藤の季節やねぇ。
真下から撮ると違うものに見えるね。
とても優しい藤。沢山の扇が重なっているみたいや~
ステキ♪
Commented by roppos at 2017-05-04 03:55
上から見るのは、なかなか大変❗藤棚の上からでしょう?
錦眼鏡みたいですね。
Commented by pothoslime at 2017-05-04 08:24
おはようございます~w
暦上はもうすぐ初夏ですね。
初夏って時期には、この薄い紫色がとってもよく似合うと思います。
気持ちいフォトですね~
「い」の字を10個書いて「し」を書いてみたけど
私が書いたら怪獣の尻尾やわぁ^^;
Commented by yaguchitenga at 2017-05-04 10:09
真下から見るフジの花が円になって
花火を見ているようで面白いですね
僕も、一度下から撮った事がありますが
上手く撮れなかったです
コツがあるんでしょうね
Commented by carbon_trek_y33 at 2017-05-04 12:16
うへぇ〜・・また眼が良くなった(ように見えちゃう)作品ばかりで…こんにちは〜。

藤の花って、毎年避けちゃうんですけど。(難しくて…ぼそ)
なるほど。真下という手があったか〜。今度真似っぽして…(ダメじゃん
いやいや。そもそも、藤棚ってけっこう少ないのですよ。近所では・・。
背景との組み合わせになると、とてもとても。真ん中(2枚め)の活かし方…素敵だなぁ。
ボケ方がキラキラと彩りを添えておりますな。いつもながら、お見事!
Commented by aitoyuuki32 at 2017-05-04 13:59
はい、真下から
私も大好きです

水平に見る藤とはまったく違うフォルムに心奪われますね(^_^)v

「い」10個に「し」が一個
書いてみたけど、、、、、わからん
EOS学園の先生は石井先生だけど、、、、
Commented by okuryunoblog3 at 2017-05-04 20:54
こんばんは。
へえ、下から見たらこんな風になるんだ。
びっくりです。
まだ、70-200mmを全然使っていなくて、う~む、これはやってみる価値ありですな。
今度のぞいてみようっと。
いの字を10個縦に書いて・・・、ふむふむ、その真ん中に長~いしの字を書くのでしょうか。
しの字が、藤の花の軸みたいに見えるのかな?
長唄なんて、とても私には高尚すぎて・・・
でも、面白そうです。
Commented by roppos at 2017-05-04 21:27
すみません。明け方、寝ぼけておりました。真下からですよね。上からかと、アホか(笑)。
真似して、今日は藤を撮ってみましたが、上手くいきませんでした。ツボになりそうです。
Commented by a-ki_la at 2017-05-04 22:19

■ カオッチ

梅、桜、ハナミズキときて、藤の季節やねぇ。
ぽとすさんも云ってらっしゃるね。ほーんと、藤を見ると初夏だなぁって思う。
藤色の扇か~!心地よい風を送ってくれそうだね。

Commented by a-ki_la at 2017-05-04 22:19

■ 錦眼鏡さん

これは藤の房の真下から。
顔の上にカメラをのっけて、限界までクビを後ろに倒して撮影してます。(笑)
藤棚が高いから出来るのでしょうね。
で、仰る通り、ここの藤は藤棚の上から撮影できるちょっとした仕掛けがあります。
が、今年は不作で、上から撮ってもなんのこっちゃ??なので、掲載やめました。

Commented by a-ki_la at 2017-05-04 22:19

■ pothoslimeさん

そう、藤の花を春と夏の「岸」と詠んだ歌人がいます。(数年前に藤の記事のネタにつこたーw)
GW頃から日差しがチリチリとしてくるし、夏が来るな~って
この花の色を見ると思いますね。
フフフ、書いてみられましたか?これって、最初に考えた人の想像力に脱帽ですね。

Commented by a-ki_la at 2017-05-04 22:20

■ たにやんさん

花火、そんな感じにも見えますね。
しかも連続で上がる、スターマインです。(笑)
確かに。下から撮るには、かなり花を選びます。
花房の芯の真下でキッチリ構えないと、モヤモヤ気持ち悪い絵になってしまうんです。

Commented by a-ki_la at 2017-05-04 22:20

■ sadaさん

ワタシもフツーに撮るのは得意じゃないです。
というか、長い房の花があまり好きじゃないのです。< えーッ
柏葉アジサイとか。(笑) でもこの藤色だけは特別~
びっくりするほど小さな神社なんですが、ここの藤は都下では知る人ぞ知るな
由緒ある古木なんですよ。
もじゃもじゃした山藤を撮ってみたいなぁって思います。
出会えても近づけなかったり木の背が高すぎて、撮影も難しそうなんですよね~

Commented by a-ki_la at 2017-05-04 22:20

■ aitoyuuki32さん

風車のようであり、花火のようでもあり、
着物柄にも良さそうですよね、下からのアングル。
たぶん、「藤娘」「いとし」のキーワードで正解が出てきますが
この発想をした人ってすごいなーって、ただただびっくりです。

Commented by a-ki_la at 2017-05-04 22:22

■ okuryuさん

房の先端の花までバッチリ満開になっていなかったので、翌週再訪したのですよ。
1週間で、最先端まで開花しましたが、先に咲いていた房の上部は見るも無残な...
藤は逃げ足早いですね。

フルサイズで使って200mmと、もうちょっとアップで撮れるα弟機で。
あまり房の数を欲張らない方がスッキリ仕上がりますかねぇ。
>その真ん中に長~いしの字
そうそう!これ、考えた人、すごいなーって思いました。

Commented by a-ki_la at 2017-05-04 22:23

■ 錦眼鏡さん

なんか...すごい時間にコメントいただいていて、かなりの夜鷹な方なのか、
めっちゃ早起きの方なんだろうか...??と思っていました。(笑)

おぉお試しいただいたとのこと、結構ツライ体勢でないですか?
首を痛めないようにどうぞお気を付けくださいね。

Commented by roppos at 2017-05-05 01:52
はい、かなりの夜鷹です。
はい、首が痛くなりました。
Commented by syagaku at 2017-05-05 08:28 x
藤の花はまだ一度も撮ったことがないのですが、
よくみる定番の横から見た、藤棚と藤の花よりも、
こちらの方が新鮮できれいに感じます。

なんだか、絞染めの柄のようにも見えます。
Commented by a-ki_la at 2017-05-05 20:53

■ 錦眼鏡さん

ほほぅ夜鷹さんでしたか。
ヒトのアタマって重いんだなぁって改めて気づきました...

Commented by a-ki_la at 2017-05-05 20:53

■ syagakuさん

布とか紙にプリントされた「柄」のような感じですよね。
ハナミズキもプリント布風に撮るのが好きなのですが、それとちょっと似ています。
ここの藤は、藤棚の上から撮ることもできるので、いつか紹介できたらなぁって思います。
ここ2年ほど花の状態があまりよくないので、来年こそは!

Commented by roppos at 2017-05-06 01:05
上からの写真、楽しみにしています。下手くそな下からのものをアップしました。よろしければご覧ください。勝手にリンクしちゃいました。すみません。
Commented by a-ki_la at 2017-05-06 11:46

■ 錦眼鏡さん

昨年、教えてもらって知ったのですが、藤は案外出来不出来の差のある植物だそうで。
きっと繊細なんですね。
あら、リンク貼ってくださったのですか。光栄です♪
早速お邪魔しますね。

Commented by bernardbuffet at 2017-05-06 20:14
最近知りました(汗)が、國領神社の藤は有名だそうですね。
下から見上げる藤も中々おつなものですね。
今度(今年は遅いので来年)試してみましょう。
あ、来年の今頃國領神社で下から藤を撮っている変なおじさんがいたら私だということがばれてしまいますね(笑)。じゃあ、一眼レフはやめてミラーレスのチルトでトライしてみましょう。
Commented by a-ki_la at 2017-05-06 21:58

■ bernardbuffetさん

有名なんですが、ここ4年間通った感想としては、素晴らしかったのは最初の年だけ。
藤は出来不出来の差が激しい植物だとか。
樹齢350年とか500年とか言われるそうで(千年はさすがに誇張なのか??)
昨今の異常気象に木もお疲れなのかもしれません。
αはレンズを直上に向けて使用時に液晶は水平までチルトしないので
ビミョーです...顔の上にカメラを載せてる変なジーサンがワタシです ^^;

Commented by jinsnap at 2017-05-07 06:45
おはようございます。
え?何?
というのが第一印象。
よく知った人なのにこんな感じな一面もお持ちなのね、なんて感じで拝見しました。
その次に湧いてきたのが夏の夜空に華開く花火。
美しい...。
Commented by a-ki_la at 2017-05-07 08:40

■ jinさん

ありがとうございます、嬉しいな♪
>二面性
憧れます。別人格とか二枚舌とかは困りますが、意外性は時にスパイスになりますね。
写真においても同じと感じていて、見慣れたものの違う顔とか
1枚から相反するイメージが同時に浮かぶものとかに憧れます。
撮影技術が稚拙過ぎて、単に奇をてらったものになることが多いですが(苦笑)

Commented by papricagigi at 2017-05-10 05:03
えええっ!藤の花だったの?? 一番上の写真だけを見て、なんていう可愛らしい花~、見たいことないな~って思ったんだよ。 うちの藤ももうすぐ咲くから、下から覗いてみるね♪ 
「いを10個縦に書いて、しを真ん中」に書くかぁ。 長唄からの引用だなんて、a-ki_laさんの言葉の操りにはいつも唸っちゃう。いい勉強になってます☆ 

←←の2つのポスト、かっこいい!! 去年も見せてもらったけれど、大都会の真ん中を練り歩くお神輿さんたちを見ていると、タイムトリップしちゃいそうだね。 参加する女性が増えてきているのも嬉しいな♪
Commented by a-ki_la at 2017-05-13 08:30

■ papricaさん

藤って横から見ると、房の形しか目に入ってこないけれど
マメ科の花って、花の形自体が可愛らしいでしょ?!
下から見ると独特な形の花のひとつひとつをよく見ることが出来るから
ついつい下からばっかり撮ってしまうよ。
「い」×10個、真ん中に「し」、最初なんのこっちゃかと思ったから調べて納得。
これ最初に思いついた人の発想力ってすごくない?!

くらやみ祭の記事への感想もありがとう♪
古来の神事は女人禁制なことが多いけど、どこの街も担ぎ手の確保は大変なんだと思う。
賑わいがこのまま続いて行ってほしいな。

名前
URL
削除用パスワード
by a-ki_la | 2017-05-04 00:20 | 花酔 | Comments(28)