アイソメ寫眞館 Non Scale, Non Focusing   斜に見て焦点のない写真

春愁






f0237034_07001212.jpg
2017/2/5 谷保天満宮(国立市)にて。白梅
SONY α7II × FE 24-70/2.8 GM




【しゅんしゅう】 春の日にふと感じる もの寂しいキモチ














*****

またやっちまったぜorz
マクロレンズと標準ズームを間違えて持って出てしまってガッカリ
レンズは1本ずつ黒い別珍(って今は言わないか)の
レンズポーチに入れたまま保管しています
ポーチの中身を確認しないと、こういう目に合うのです...
あーぁ
レンズ径は10mm、重さは280gも違うのに
持って分からないとは...どゆこと?

空も気分と同じ、どん曇りの日
光燦々も玉ボケキラもちょっとお休みで
気だるい感じに^^



Commented by okuryunoblog3 at 2017-02-07 21:15
こんばんは。
別珍という言葉を初めて知りました。
そういえば、春愁という言葉も・・・
ここに来ると、本当に私って言葉を知らないんだなあと・・・、
Commented by okuryunoblog3 at 2017-02-07 21:17
すみません、途中で切れてしまいました。
どうも、マウス君が・・・ぶつぶつ、いいわけです。
白梅がきれいですね。
マクロの方も見たいけれど、これはこれでとても美しくて素敵ですなあ。
私の地元は、いつの日のことか・・・。
Commented by jinsnap at 2017-02-07 21:51
こんばんは。
別珍。
そういう呼び方があったのを思い出しましたw

白梅のお花、可愛らしい。
Commented by big-bambooboo at 2017-02-08 10:31
こんにちは〜
春愁。。勉強不足で初めて知った言葉ですが、
秋とはまた違った春の日のもの寂しさ
わかるような気がします。。。

どん曇りの日のマットな感じの白梅は
そんなタイトルにピッタリですね〜o(^_-)O

レンズの280gの違いは相当だと思いますが、
違うこと考えながらとか、思い込みとかで
やってしまうんですよね〜(^^;)
Commented by sya_gaku at 2017-02-08 14:26
レンズが違ってても十分に春が伝わってきます。

別珍て漢字だとこう書くんですね。
知りませんでした。


Commented by yaguchitenga at 2017-02-08 18:28
別珍って言葉は始めて知りました
平仮名にすると「べつちん」ですかね
色々と妄想をふと、してしまいました^^
春は別れがあるから春愁なんでしょうね
出合いは春喜かな?
まだ寒さがありますけど、やはり春の到来を感じて
咲くんでしょうね。見事です
Commented by aitoyuuki32 at 2017-02-08 20:46
おお~、さすがGマスターレンズ
とろけるようなボケがたまりません

バックのボケの配置、流れさすがですね(^_^)v
Commented by pothoslime at 2017-02-08 21:49
春の憂いですね~w
持って出たレンズを見て憂いちゃったんかな~
でも
標準ズームもなかなかどうして
大したもんじゃないですか^^
ちゃんとレンズを袋に入れて保管してるってとこ…大事にしてはりますね☆
ゴロゴロそのままプラスティックケースに放り込んでいる私とはエライ違いです^^;
Commented by carbon_trek_y33 at 2017-02-08 22:01
なるほど・・いつもながら、勉強になりますな=『春愁』 ( ̄ー ̄)ニヤリ

・・で、袋詰めのレンズをお間違いになられたと・・?
あぁ〜、あるある! (…って、ウソです。スイマセン…。)
FE 24-70/2.8 GM=けっこうデカいレンズですよねぇ・・アレ。
(↑)可愛い花でボケも綺麗なんですが・・ちょいと気だるい感じ?もありましょうか。

とは言え、そんな日もありますって・・を含めて、撮るのもイイもんです。
あ、なんか墓穴掘っとるし? と言う事で、私も気だる〜い写真を連発しよっと(おぃ
Commented by hogecyan at 2017-02-08 22:14
おお。。でもこの感じ好きだけどなあ、、、
そうそう、あるある、私は望遠持ったつもりがマクロだった、、(-"-)
なんてのもあります。。^^
Commented by a-ki_la at 2017-02-08 22:48

■ okuryuさん

いえいえ、ワタシもWebで拾ってくるのです。
寒さが緩んだ後の曇天ってちょっと寂しい感じがするなぁって思ったから
何かぴったりの言葉はないかな?!と。
「べっちん」とは、そういう布があるのですよ。

Commented by a-ki_la at 2017-02-08 22:48

■ okuryuさんつづき

マクロレンズを持つと、1輪に寄りっきりになってしまうから
ケガの功名?(笑) ちょい引きの画が撮れたのはヨシとしましょうかね。
昨年は咲いた直後の雪で近くの(ご自宅の?)梅がダメになってしまったって仰ってましたね。
明日、日本海側は荒れ模様とのこと、コウノトリさんたちもお気の毒です。
大事ないといいですね。

Commented by a-ki_la at 2017-02-08 22:48

■ jinさん

聞いたことありますか?子どもの頃、そんなふうに呼んでいました。
以前使っていた他社メーカーのレンズポーチなのですが、とっても気に入っていて
マウント総とっかえする際にもレンズポーチだけ残したり、
わざわざ同じものを新調したりしました。(笑)
この白梅、形が愛らしかったです。

Commented by a-ki_la at 2017-02-08 22:48

■ Bamboobooさん

>秋とはまた違った
そうなの!それです!!ニュアンスが伝わったようで嬉しいです♪
この白梅、一重なのに花びらが肉厚で、すごく存在感がありましたよ。
冬は鳥追いで(笑) 望遠ばっかり使うからか、マクロも標準ズームも出番が激減。
アタマがお留守なのはいつものことなんですが、
感覚で分かるほどマクロも標準ズームも使い込んでいないという証拠ですよね~

Commented by a-ki_la at 2017-02-08 22:49

■ syagakuさん

暦の呼び名はホントに上手くできていて、立春を過ぎると
やっぱりいくらか春の気配を感じるようになりますね。
そして、直後に寒の戻りがあるのも例年のことで...明日の東京は1℃-5℃ですって。

べっちん、似ているものはベロアなどでしょうか。
いずれにしろ、それほど上等な布でないのですが、
使いやすいので他社メーカーのを好んで使ってます。

Commented by a-ki_la at 2017-02-08 22:49

■ たにやんさん

よみは「べっちん」手触りのいい布ですよ。
>春は分かれがあるから
あぁなるほど。確かにそうですね。
新年度が春に始まるのは日本の風土に合っているように思います。
学校生活は世界標準に合わせて9月始まりに、なんて動きもあったようですが
分かれと出会いは、やっぱり春でしょ。

Commented by a-ki_la at 2017-02-08 22:49

■ aitoyuuki32さん

ありがとうございます。光に恵まれなかったので構図練習に励みましたw
重量もマスター級でございますヨ。
冬は鳥追いのために望遠セット(カメラも違う)を持つと
マスターの出番はほぼありません。(笑)
なーのーにーなんで間違えたのでしょう???

Commented by a-ki_la at 2017-02-08 22:49

■ pothoslimeさん

電池やカード忘れるよりマシ、と諦めようと思ったけれど
曇りの日こそ、1輪寄りっきりのマクロ撮りに最適だったのに~と未練タラタラ~
この日はいつもに増して集中しませんでした。
しかも、毎年贔屓にしている木のお気に入りの枝(笑)がないッ!
帰宅してから思い当たったのですが、強めの剪定でもしたのでしょうかねぇ...
全然大事にできてないですよ、お道具。
メンテナンスに出したいのですが、高いし時間かかるしでなかなか決心できません。

Commented by a-ki_la at 2017-02-08 22:49

■ sadaさん

ネットでの拾い物上手な点は自負しておりますm(_ _)m
>けっこうデカい
そんな表現では生ぬるいですよ?アホみたいにデカい、が適切ではないかしらん。
かなりの曇天でしたが、寄りッ切りのマクロ撮影にはちょうどいいかなぁと思って
出かけたのです。ピーカンだと白梅はキツいですからね。
なーのーにー。画が眠いのは承知の、これは構図練習。(笑)
光に酔わないでも表現できるようになりたいものです。

Commented by a-ki_la at 2017-02-08 22:49

■ keitoさん

ありがとー
んがっ?もっとツワモノがいたッ!
望遠がマクロに化けてたのはショックやなぁ。
マクロレンズって最短距離で使う時に最大撮影倍率になるんだったっけか。
とすると、遠景で使っても望遠代わりにならないんだよね~
視点も被写体も変えて楽しむ、keitoさんならそれが出来たに違いないな。

Commented by at 2017-02-09 08:34 x
こんにちは。
少し肉厚なちょっと変わった形の花弁ですね。
竜峡小梅のような感じでしょうか。
アイロンをかけたようなシャキッとした花弁が可愛いでもなく正装をしましたという感じで落ち着きがありますね。
たまにはレンズを間違えてこのレンズでどう撮ろうと苦心するのもいいかもしれません。(笑)
Commented by muya3094 at 2017-02-09 18:16
こんばんは☆
またまた大寒波到来のようですが・・・
よくあります、私も(苦笑)
弘法 筆を選ばずと自分に気合を入れて撮りますがぁ
まぁ凹みます(笑)
別珍ってご存知ないかたもいらっしゃるのですねぇ~
ばぁばになるわけです!

お写真 素敵ですよ♪
Commented by bernardbuffet at 2017-02-09 22:18
このような茫漠とした雰囲気、嫌いじゃないですよ。柔らかい光はヌケの良いレンズで撮ると目で見るよりも繊細でドキッとさせられます。
別珍? 雪隠なら馴染ですが・・・・。
ググってみるとビロードとのこと、ベルベットの音訳みたいですね。
Commented by a-ki_la at 2017-02-09 22:55

■ Nさん

そうなんです、肉厚なの、お分かりになります?
そして、ほんのわずか「すぼんだ」感じに開くように思いました。
梅の一重にも猪口咲きってあるのでしょうかね。
蕊も特徴があるので、竜峡小梅、そんな系統かもしれませんね。
天神さんの敷地内の梅園なので木に銘板がありません。名前が分かるといいのですが。
>アイロンをかけたような
あ、まさに!白梅を見るたびに、白い丸襟のブラウスを連想するのです。
自分、学習しない人なので、またやらかしそうです...遠征では絶対にしたくないですねぇ。

Commented by a-ki_la at 2017-02-09 22:55

■ 夢耶さん

東京も小雪と霙でしたよ。立春の直後の大寒波、毎年繰り返されますね。
あら、夢耶さんもあるんですか、思ってたのと違うレンズに化けてること。
ワタシは気持ちが殺がれて、帰りたくなります。(笑)

若いお嬢さんには「ベロア」と言った方が、近いものを想像してもらえるかもですね。
このブログのお客さんたちは、女性よりも殿方(それもナイスミドル以上の方)が
多いので(失礼)、単純に布に興味がないだけかもしれません??

Commented by a-ki_la at 2017-02-09 22:55

■ benardbuffetさん

晴れてる日にしか撮らない方もいらっしゃいますけど、
週末にしかゆっくり撮れない我ら、曇天の日を除外してたら
花写真は撮れなくなっちゃいますものね。
もう少し丁寧に設定を変えて撮ってみればよかったなぁと、ちと後悔してます。

ぷぷっ、それ、漢字で書くと何かとてつもなく美しいもののような感じがいたしますね。(笑)

名前
URL
削除用パスワード
by a-ki_la | 2017-02-07 20:51 | 花酔 | Comments(26)