アイソメ寫眞館 Non Scale, Non Focusing   斜に見て焦点のない写真

鳥系アイドル図鑑 #7-2






f0237034_19042484.jpg
2017/1/14 都立小宮公園にて。モズ♂
SONY α6500 × FE 70-200/4 G 長辺 6000pixl → 長辺 1700pixlに切り出し




俺の後ろに立つな

森の殺し屋は言った









f0237034_19042568.jpg




さもなくば










f0237034_19042548.jpg




せいぜい覚悟しておくんだな














*****

モズっちは初見ではありませんが
運よくお食事中のところを目撃したので記録でーす

少し離れたところでウロウロしていたモズっちを撮影中のことです
パッと地面に降りたと思ったらすぐに枯草モジャモジャの中に消えていき...
簡単に見失ったワタシに鳥友さんから助け舟
「いまミミズ咥えたよ!」
「マヂかッ?どこどこ??」
「あの大きな木の右に飛び出てる枝の先の下あたり」
「おぉ~いたいたッ!」
草むらの中に隠れたモズっちを何とか捕捉できました^^

クチバシから細いミミズがみょーんっと出ていて
みるみるミミズが短くなっていきます (;´;゚ё゚;;)
草に阻まれて一部始終を撮れませんでしたので
モズっちが飛び去ってからその場所に急行
「はやにえ」がないか確認してみましたが跡形もありませんでした
全部召し上がられたようです





f0237034_21043969.jpg




こんなカワイイ顔する時だってあるんですよ♪





Commented at 2017-01-18 09:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by papricagigi at 2017-01-18 10:10
きゃぁ、かっわいい〜! この淡い色がたまらな〜い♡ なんてオシャレなんだろ。自然に学ぶカラーコーディネート、だね☆
お顔もふさふさした羽毛も可愛らしいけれど、この足が。。。たまりません。一枚目ではちょっと内股なのかな、って思ったんだけど、こんな風に一本の木切れにしがみつくこともできちゃうなんて器用ね〜。
a-ki_laさん、うまいっ!
Commented by at 2017-01-18 12:01 x
2枚目なにもこんな細いところに停まらなくてもいいのになんておせっかいですが思ってしまいます。
曲芸のようなこんな格好で停まるんですね。
昔はモズの高鳴きなんて聞くとああそろそろ冬なんだな~なんて思ったものです。
周りに原っぱがなくなってきたせいか声を聴くこともなくなりました。
Commented by syagaku at 2017-01-18 12:50 x
前回エントリーされた、「ルリビタキ」と似ているので、
同じ鳥の色違いかと思ってしまいました。違う鳥だったのですね。
orz...スイマセン

鳥にも表情ってあったんですね。知りませんでした。
重ね重ねスイマセン。orz...

一枚一枚に鳥の表情が表れていて、楽しいです。

Commented by yaguchitenga at 2017-01-18 18:55
モズのハヤ二エを見られなかったのは残念でしたね
テレビでモズの事をやってましたが
ハヤ二エを見るのは専門家でも難しいそうです
でも、ミミズを咥えているのは決定的瞬間でしたね
鳥を撮らない自分からしたら、そう思います
駅前でカラスが巣つくりの為に枝を起用に折って
飛んでいくのを見た事がありますね。それ一回こっきりでしたけどね
Commented by bernardbuffet at 2017-01-18 21:04
2枚目とラスト、こうやてあしを段違いにして停まるののですね!
なるほど、初めて知りました。
Commented by carbon_trek_y33 at 2017-01-18 21:28
む〜・・ルリビタキも、ですけどモズ(↑)も可愛いヌイグルミっぽいなぁ…。
こーんな可愛い顔して、ハンターですもんねぇ・・自然界は怖いわ(あ、人間界も…ぼそ)

一連の組み写真(風?)、キャプションもお見事! であります。(笑
たぶん、モズも見たこと無い気がするんですが。はて、まだまだ【鳥の目】になってないな〜(沈。
しかし、細い枝なのに、上手いこと留まるもんですわ・・。
鳥脚フェチの真骨頂! ですか。しっかりゲットなさってますな。( ̄ー ̄)ニヤリ
Commented by pothoslime at 2017-01-19 00:10
こんばんわ~☆
いろんな鳥さんに出会えるもんですね~
鳥友さんがいてはんのね。それは心強い^^
この子は、小型の戦闘機を思わせる精悍な感じですね。
飛行性能も良いんだろうなぁ(^-^)
Commented by okuryunoblog3 at 2017-01-19 05:24
おはようございます。
モズ夫君、可愛いなあ。
さすが、きれいに撮れていますね。
かなりトリミングしているにもかかわらず、すごくきれいです。
モズが、ミミズを食べているところ初めて見ました。
そっか、ミミズも食べるんですね。
彼らにとっては、すごいごちそうかも。
野鳥の食餌風景は、なかなか撮れないので、チャンスを見逃さなかったところも、さすがです。
Commented by a-ki_la at 2017-01-19 19:52

■ カギさん at 2017-01-18 09:30

ミミズの召し上がり方、なりふり構わずな絵ヅラでして...ホントに凄かったですよ~
高い位置に停まって地上を眺めまわし、小さなミミズを見つけるモズの眼力も
その様子を肉眼でフツーに捉える鳥友さんの眼力も恐ろしいです。(笑)

Commented by a-ki_la at 2017-01-19 19:52

■ papricagigiさん

うん、ワタシもそう思う!モズのカラーリングってとってもオシャレだよね。
色数抑えてあって、少ない面積の黒で効果的に引き締めてあるし
墨黒のタイツ履いた足元まで抜かりなし!
びょーんと1本だけ空に伸びてた葦の茎、見晴らしがよいこういう高みから
地面で動く虫や爬虫類を探すんだよ。
自分が上空から丸見えなのは大丈夫なのかなぁ??

Commented by a-ki_la at 2017-01-19 19:52

■ Nさん

ホントですよね。遠すぎて周りの情景ごと撮れなかったのですが、
他の草や枝よりもこの1本だけうんと高くて、とっても見晴らしがよかったのです。
ここはちょうど視界が開けた場所で、お立ち台というか、火の見櫓的なんでしょうかね。
ずいぶん長いことこの体勢で停まっていたので、たくさん撮らせてもらいましたよ。
空抜けになってしまう向きが残念でしたが、モズは好きな鳥の三本指に入ります♪

Commented by a-ki_la at 2017-01-19 19:52

■ syagakuさん

あぁなるほど。丸っこい形、似てますね。
>色違い
確かに、鳥界ではオスとメスの色が激しく違うことがよくあるんですよ。
前回の「ルリビタキ」は男の子ですが、女の子はもっと地味で淡い色をしています。
イヌやサルと違って、口の周りの筋肉が横に動かないので、表情に乏しいですが
ホンノちょっとした角度の違いで、印象がかなり違うでしょ?!
いや、こちらこそ、へたっぴな写真ばかりですみません。

Commented by a-ki_la at 2017-01-19 19:52

■ たにやんさん

途中まで食べて、串刺しにして置いて行ってくれるのを期待したのですが
そんなに甘くはなかったです、残念。
雑食性のスズメが「何か」を咥えているのをはよく見かけます。
その「何か」が動物性たんぱく質だった時に撮影出来たことは1度もないんです。
なので、これがお初のショットでした。

Commented by a-ki_la at 2017-01-19 19:53

■ bernardbuffetさん

開けた林でよくこんな1本のてっぺんに器用に止まりますよね。
結構長いことこの体勢でしたので、空抜け写真を量産しました。(笑)

Commented by a-ki_la at 2017-01-19 19:53

■ sadaさん

「ゆる鳥」というジャンルがあってもいいですよねぇ?
高倍率&高精細、忠実な描写はバーダーさんに任せて、
ワタシは出会った時の嬉しさとか驚きを、トリミング前提で記憶色仕上げ、お話し仕立てで
楽しんでもらおうと思ってますよ。
ピントは妥協しないように心がけることが、この記事のミミズのように
不鮮明なカットの免罪符になるかしらん?!(笑)
この黒っぽい脚、衣装に良く似合っていてオシャレでしょ!
モズは見晴らしのいい林(低木の落葉広葉樹があるようなとこ)によくいますよ。
これまで3回撮影しましたが、全部違う公園の林。でも地形は似通っています。狩りの都合があるのかも。
群れないところがまたカッコいいのです。会えるといいですね。

Commented by a-ki_la at 2017-01-19 19:53

■ pothoslimeさん

モズは比較的ポピュラーな鳥で、ウチの市内の公園でも出会えることがあります。
高いところから地面の虫や小さな爬虫類も狙うので
丸見えのところにぽつんと留まっていたりするんですよ。
膨らんでずんぐりした感じから、一瞬で狩りの体勢に(@_@) びっくりでした。
ワタシにも高性能な鳥レーダーが備わってるといいのだけど。

Commented by a-ki_la at 2017-01-19 19:53

■ okuryuさん

これだけ切ってるので立体感が完全になくなってしまいますね~
4~500mm相当のレンズにも憧れますが
現実問題、それを持って電車移動して林を数時間歩けるかといえば、出来ないので
これからも「鳥ミング」専門です。

モズが見下ろしていた地面は人間も歩く原っぱの方向。
モグラが掘った跡の盛土がアチコチにあったのです。
もしかして、モグラにほじくられて瀕死の状態だったミミズだったのかもしれませんね。
見張り台にいる時は、どこからも丸見えのところに停まってるのに、
食事は藪の中に隠れてするんだもの~撮りにくかったですよ。

Commented at 2017-01-19 21:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by a-ki_la at 2017-01-20 19:56

■ カギさん at 2017-01-19 21:54

冬の野鳥の膨らんだ姿は何とも愛らしいですよね。
モズのような身体に対して頭が若干大きい子たちには特に、我々はイチコロです。
哺乳類は、丸くてアタマの大きいものに愛情を注ぎたくなるように
インプットされているんだとか。
「仕事中」の恐ろしい目つきとのギャップも萌えますね。(笑)
こちらこそ、この記事に寄ってくださり立ち止まっていただき、ありがとうございました♪

名前
URL
削除用パスワード
by a-ki_la | 2017-01-18 07:11 | 動物界 | Comments(20)