アイソメ寫眞館 Non Scale, Non Focusing   斜に見て焦点のない写真

天駈ける






f0237034_17341526.jpg
2016/10/15 馬事公苑にて。第50回 東京障碍飛越選手権 鞍上:アバロン・ヒルサイドファーム 武宮氏
SONY α7II × FE 70-200/4 G 1枚目はトリミング済




駈けて














f0237034_17341456.jpg





越えてゆけ










むむぅ...引っ張ってこれだけか~ですね、いやお恥ずかしい。
今回は、疾走感よりも滞空時間というか浮遊感の方を表現できたらいいなと思い、縦構図にてチャレンジ。
馬が障碍に近づくのが見えないまま変わった撮り方をしてみたので、やっぱり確率が低かったです。
1枚目と2枚目は連写の前後です。1枚目は地面を蹴る馬の後ろ肢が少し切れてしまっていて、ガックリ。
なので思い切って上1/3でトリミングしてみました。
馬がとってもいいお顔してますね。

ところで、こちらの選手の方は乗馬クラブの校長先生だそうで、年齢を聞いてびっくり。
12頭出場した最終競技で2頭に騎乗、この写真の馬で3位(速報による)に入賞されました。
現役でいらっしゃるってだけでもすごいのに、試合に出て結果を出せるって立派ですね。
自分ももっとばーさんになった時に(あ、じーさんかorz)、まだ打ち込めるものがあるといいなぁ。
この歳になるまでずっと、のうのうと好き勝手に楽しく暮らしてきたことを思うと
楽しみを「前借り」してしまってる状態なのかもしれないなって、ちと恐ろしくなります。






撮影メモ:
 α7iiにて鳥モード ISO500 SS=1/1600
 AF-C S優先 SS=1/1000〜 ドライブ=High レンズ側スタビ=Mode1 ※2だと違いあるか?

 ①低速限界設定が出来ないゆえのSS優先モードだと、快晴の日は被写界深度が深くなる?
 ②4D Forcusのターゲット枠がコントラストの高い動くモノに引っ張られて移動する?

 ①②の仮定から、足音のリズムの変化→馬がフレームに入る前からバーを狙って連写を開始


 次回(があれば)
 α6000で上記を試す ただし ISOは400以下 ドライブ=Mid
 カスタムボタンが少なくて使いづらいα6000に、ロックオンAF開始設定をするよりはマシかも?








Commented by carbon_trek_y33 at 2016-10-25 10:35
ひえぇ〜・・普通に乗馬しただけでも視線が高くて怖いのに。 あ、乗った事無いか…(沈。
このお年で、このパフォーマンス。まさに、【人馬一体】でありましょう。

動体撮影・・ホント、難しいと思うんですけど。
機材のお陰で歩留まりは飛躍的に上がっている反面、今度はアングルやら構図やら…(苦笑
そこを乗り越えてこその世界が有るんでしょうが…(→自分が全く出来てない→墓穴掘り)
いやいや。2枚とも、かなりお見事なカットだと感心することしきりであります。

>楽しみを「前借り」してしまってる状態
ウチのジーさんを見ていると、ドッチもドッチかなぁ? と、最近良く考えますよ。
走り過ぎると息切れするし(今は”言葉まんま”ですから)時おり、踊り場は必要かも?
とは言え。元気一杯の人が急に寝たきりになると、こうなるか…も、結構辛いですけど。
Commented by yaguchitenga at 2016-10-25 18:12
インドの砂漠ツアーで初めてラクダに乗った時は
感動しましたが、馬にはまだ乗った事がありません
しかし、おじいさん、体を鍛えてますね
テレビでよく見るスーパーおじいちゃんですね
尊敬します。その馬のジャンプを見事に切り取ったakiraさんも
尊敬します。動きものは苦手で昔プロレスの試合を
撮った事がありますが、全部ダメでした
黙って観戦すればよかったと反省しました
まさに、イヤァオなショットです
Commented by pothoslime at 2016-10-25 20:05
見事に気持ちよく止まっておりますねw
動くものが静止して見える瞬間と、画質の鮮明さ。
これって若い頃からの憧れやったんですよ。
跳ね上げられた土まで止まってるし、お馬さんのお目目のキャッチライトも素敵☆

私が初めて持った一眼レフは、フジカのST801というカメラでした。
今フジのカメラはプリズムんとこにfujifilmと書いてあるけど、当時はFUJICAだったんです。
普及機には珍しく1/2000のシャッターが切れるカメラでした。
カタログに「1/500 1/1000でもわずかにブレる画像から完全な静止へ」なんて書いてあったのを覚えています。
若い頃に覚えたのは、まだ忘れへんなぁ(笑)
結局使ってみると1/2000なんてシャッター速度は、フィルム感度の関係もあって、そう使えたものじゃなかったんですがね^^;
その時の憧れの静止画…それが今、目の前にあるようで、ちょっと嬉しいです(^-^)
Commented by bernardbuffet at 2016-10-25 22:52
齢を重ねてなお輝きを増すという生き方は良いですね。
「楽しみの前借」なんてのは無いですよ(笑)
楽しみは目の前を流れていくもので、あとでつかもうとしてももう遅い。年齢と共に体力は無くなるし、色々と衰えてくる(老眼もまた然り)ので、できるうちに貪欲に楽しむのは正解だと思いますよ。
Commented by okuryunoblog3 at 2016-10-26 05:39
おはようございます。
うわあ、かっこいいなあ。
白馬の王子様、いえ白馬のおじ・・・、いえ、何でもないです。
こんな風に、馬に乗れるなんてすごいですね。
鉄の馬には、若き頃またがっていましたが、本物の馬に乗ってみたいです。
観光地のお馬さんには、乗ったことがあります。
でも、そんなんじゃなくて・・・
まあ、今からじゃ無理だろうな。
この校長先生みたいに、経験を積まねば。
一枚目、あっさりよけいな部分をカットしたのがナイスだと思います。
Commented by a-ki_la at 2016-10-26 07:13

■ sadaさん

ロンドン五輪の馬術競技に出場した方も、確か70歳を越えていたんじゃなかったかなぁ。
長く競技を続けられるスポーツのうちのひとつですものね。
馬場の柵の根元の地面に腰を下ろすぐらいから撮っていたので、
鞍上の人の目線は家の天井より高いような...そんな錯覚がありましたよ。
画角広めでど真ん中で押さえるのならば、特に何もしなくてもカメラの中の人がやってくれますけど
それじゃ面白くないな、といつものMッ気が。(笑)

>前借り
ワタシの人生の苦楽の割合はワタシの知らないところで決まっているのに、
まるで、好きなものから先に食べちゃって途方に暮れる人、のようです。
踊り場か~なるほどですよ。
螺旋がいいかなぁ。< 目標や終点は見えないのだけど気が付いたら終点だったという。(笑)

Commented by a-ki_la at 2016-10-26 07:13

■ たにやんさん

ラクダの背って高くてかなり怖そうですね。
内なる筋肉が鍛えられてないと、馬には乗れないのじゃないかなぁと想像しています。
ワタシも1度しか乗ったことがなく、しかも人に引き綱を持ってもらっていましたから。
格闘技の撮影は難しそうです。
動きが決まっていないスポーツは予測が出来ませんし。
今だったら、4Kとか8Kの動画で撮って、静止画切り出しなんて技もありそうですけど。

Commented by a-ki_la at 2016-10-26 07:13

■ pothoslimeさん

ご一緒させてもらった先輩方はいつものように流し撮りをされていましたよ。
こういう競技を見る時って、バーの上を通過する蹄鉄がどうか引っかかりませんようにって
祈るような気持ちで息を詰めて見守るので、ワタシにはその瞬間、
こんなふうに止まって見えるのです。

ぽとすさんは一眼レフを持ったきっかけってなんでしたっけ?お父様の影響?
ちょっと検索しましたら、三角のお屋根が精悍ですね。今のフジのX-シリーズの源流でしょうか。
今は中級機で1/8000が切れるものがありますよね。ISO400は今では3200とかの感覚?!
昔、「パソコン」のHDDは1MBで1万円したのを思い出します。40MB積んでたら上等でした。
今は、4~5千万の高画素カメラのRAW1枚で50MB越えますよね~ひぇぇぇ
小さなもの、より遠くにあるもの、目にも止まらない速さのものを鮮明に手元に残せるって凄いことですが、
そのうち、存在しないものを写せたりするようになったりして?!

Commented by a-ki_la at 2016-10-26 07:13

■ bernardbuffet さん

理想だし羨ましいですが、そう多くの人が実現できてるわけではなさそう。
なるほど。目の前を流れてくる楽しみって、ある日突然、「終了」になったりしないのかなぁ?
誰にでも同じだけの量、流れてくるのかなぁ?
そんなこと考えてると...あ、ほらまたひとつ掴み損ねたッ!

Commented by a-ki_la at 2016-10-26 07:13

■ okuryuさん

姿勢も美しくて実際にはお若く見えるのですが、1日にいくつもの競技に出ておられるのを見たら
やっぱり驚きます。
鉄の馬ね。走る鉄の塊には今でも「馬力」という単位が使われてるぐらいだから、
馬は人の生活に寄り添ってきたんだなぁって思います。
スポーツじゃなくても&こんな鉄人みたいじゃなくてもよくて、
何でもいいから生涯現役でいられる「何か」があるといいですよね。
「鍛錬の積み重ね」の賜物であって、途中で急に手に入れられるものではないのでしょうね。

Commented by jinsnap at 2016-10-26 07:45
おはようございます。
わたし、お馬が大好きなのでドキドキしながら拝見しました。
お馬の素敵なところを切り取られていて、グググと心が引き寄せられました。
細い脚も印象的な部分で、好きですw

お馬が好きなので馬事公苑には毎年ホースショーや競技会に通っていた時期があったんですが、今年までのここ数年出かけていませんでした。
久しぶりの今年、出かけたのはホースショー最終日。
オリンピックのための整備で今年が区切りの年と聞いてビックリしました。
オリンピックの時に、また訪問したい思っています。
Commented at 2016-10-26 09:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by syagaku at 2016-10-26 13:06 x
馬との相性ももちろんあると思うのですが、
やはり馬の方も、乗せる選手の方に、貫録の様なもの感じるんですかね。
こんな風に「生涯現役」的に人生を楽しめたら・・・憧れます。

>疾走感よりも滞空時間...
大事な場面場面を見ている時って、
自分も緊張してほんとそんな風に見える時ってありますもんね。
なるほど・・・と思いました。
細かい砂とかも飛んでいて、躍動感も伝わってると思います。

Commented by a-ki_la at 2016-10-26 21:49

■ jinさん

ようこそ♪コメント残してくださってありがとうございます。
馬や鉄道のカッコいいお写真でいつもコッソリ楽しませていただいておりました。
府中が始まったなぁって先日の記事もワクワクして拝見していたのですよ。

ワタシはjinさんと逆で、馬事公苑はこの春が初めてでした。
春秋の府中へ芝を見に行くようになって3年くらい。競馬の方は返し馬専門です。(笑)
近くで飛んでくれる迫力に、広い府中では味わえない面白さ、出会うのが遅すぎました。
改修工事に入ってしまうのがとっても残念ですね。

Commented by a-ki_la at 2016-10-26 21:49

■ カギコメさん at 2016-10-26 09:21

嬉しいアプローチ(笑)、ありがとうございまーす。
なるほど。飛越の間合いの微妙な違いが分かるほど場数を踏んでなくて。勉強になりました!

EOS7D系FE70-200×2名、α7系EF70-200×2名というメンツでして、
キヤノン組はナントカサーボを効かせてましたね。
同じカメラでも連写の設定が違っていたようだし、もう一台のαの方はワタシが苦手な方の
動体追従機能を使っていたようです。
皆さんそれぞれに好みの「自分設定」があるんだなぁって興味深かったですよ。
絞り優先で、ISO上限設定と低速限界設定を掛け合わせて設定できればいいのになぁワタシのカメラ。
つまり、絞り値>ISO上限>低速限界 の力関係になるような。

Commented by a-ki_la at 2016-10-26 21:49

■ syagakuさん

そうですね。賢い馬のことだから、「人を見る」ことをやってのけそうな気がします。(笑)
気持ちよく走らせてくれる人には応えてくれそうですよね。
経営者で指導者であるだけでなく競技者でもあるって、考えてみたら凄いことですよねぇ。

やっぱり一番注視するのは障碍のバーの上なので、ワタシが感じた緊張感とか
祈る気持ちが写っていればいいなぁと思いました。
前肢が越えても後肢で落下させてしまう馬もたくさんいるので、後肢が越えていくまでは
スローモーションを見てるように感じることがあります。

Commented by akkophoto1201 at 2016-10-27 01:35
アッキー、こんばんは^^
くはぁーーーー♡かっこいいぜ♡
障害物飛ぶ直前の、グッと上げる前脚とか滞空感、私も好きー^^
動体撮るのに、難しいことはよくわかんないけど、
SSだけは足の短いわんこでも、相当行ってるわー笑
こういう障害物のだと、上下の動きもあるし、次が読めないから難しさ、半端ないって思う。
わたしにゃ、無理かなーーー(既に自信無し。笑)
アッキーの動物写真、本当に毎回惚れ惚れするよ!!^^
Commented by a-ki_la at 2016-10-27 23:42

■ a*kkoちゃん

前脚、お腹にくっつきそうに引き付けてあって、この瞬間、ホント
祈るような気持ちになるね。
で、鞍上がまたすごいんだ。これだけ角度がつくのに手綱を持った手が
きちんと馬の首に置かれていて全く暴れてないんだもの。

あ、そうだ!ノエルさんがいた!!
a*kkoちゃんには、動きモノやポートレートの素敵な被写体が身近にいるんだったな。
後ろ脚でつま先立ちして旦那さんの後ろ姿と一緒に写ってるのがよかったよね~

Commented by emiemi0807 at 2016-11-02 00:03
こんばんは~
お馬さんは撮ったことがないのですごいな~って思います
かっこいいなぁ~

先日は遅くまでお付き合い頂きありがとうございましたm(_ _)m
次の日はお付き合いできなくてごめんなさいね
またゆっくり遊びに来てくださいませ。。
あっ、私がお休みの時にね(^_-)-☆
Commented by a-ki_la at 2016-11-02 07:13

■ エミーさん

顔の愛らしさ、筋肉の力強さ、スピード感...
お馬さんって、いろんな萌えポイント(笑)を持っていて飽きない被写体なんです。

こちらこそ、先日は大変お世話になりましてありがとうございました。
パワフルでアットホームなライブ、全21曲も聴きごたえがあってとっても楽しかったです。
またゆっくり安曇野にもお邪魔させてくださいね。
名前
URL
削除用パスワード
by a-ki_la | 2016-10-25 07:20 | 動物界 | Comments(20)