アイソメ寫眞館 Non Scale, Non Focusing   斜に見て焦点のない写真

滔滔【とうとう】






f0237034_18275622.jpg
2016/8/14 多摩川右岸 矢野口 ~ 稲田堤間 より左岸を臨む。コサギ ダイサギ
SONY α6000 × FE 70-200/4 G(トリミング済)





A River Runs Through It
川は変わらぬ姿で流れ続ける













f0237034_18275753.jpg
同上 カワウ先生と こっちは コサギ
SONY α6000 × FE 70-200/4 G



川の民はねぐらも川の中








f0237034_18275732.jpg
多摩川右岸 京王相模原線・多摩川橋梁 南詰
SONY α6000 × E 16-70



お疲れさま
今日が流れていく
明日が流れてくる
とどまることなく流れていく







この川べりにはあまりいい思い出がありません。
小学校の遠足は河原で飯盒炊飯と決まっていて、道具や材料を持たされて何キロも歩かされ
あまり美味しくないカレーと少し芯のあるゴハンで(自分たちのせいだけどw)空腹を満たし、
ドロドロになった道具を携えて何キロも歩いて戻ります。
土手そばの高校に通学していた頃は、マラソン大会に部活の走り込みにと、もっと苦しい思い出しかなくて。
あ、ウソウソ、マラソン大会は3年間のうち2回はズル休みしたんだったー(笑)

手荷物が飯盒や薪からカメラに変わり、隣を歩く人が噛み合わない級友や部活のライバルから趣味友に変わると
こんなにも楽しい河原歩きになるんだなぁって嬉しかったので、取り留めなく川景色をアップしてみました。
この日はコロコロとよく笑う可愛らしい友人と多摩川河川敷でロケハン決行。
ロケハンと呼べるかどうか甚だ怪しいユルユル具合でしたが、成果があったかどうかはそのうち記事にしますね。
3枚目の写真が大きく傾いていて構図も不自然なのは、すぐそばに上半身まっぱの爺さんがウロウロしていて
どいてくれなかったからです。プんスカプんッ (。・`ω´・。)

東側から襲ってきた台風9号は本日昼間に関東を抜けました。東北・北海道の皆さまどうぞお気をつけて。
数名の方からお見舞いの連絡をいただきました、ありがとうございます。
今日はたまたま休暇をもらっていたため一歩も外に出ませんでしたし、ウチ方面は停電等もありませんでした。
古家は今回も持ちこたえたようで、ホッとしています。









f0237034_18275625.jpg
左岸: 調布市  右岸:神奈川県川崎市多摩区
SONY α6000 × E 16-70



「パキッとした青空、戻ってこーい!」
というa*kkoさんの呟きに応えて
無理矢理の青空レタッチ♪
これ、レイルマン構図...って名乗ったら
吊し上げ食らうかなorz






Commented by bernardbuffet at 2016-08-22 22:01
久しぶりの「鉄」復活?
今年はそこそこ台風の影響を受けますね。
今のところ甚大な被害無く済んでいるので不幸中の幸いですが、北海道方面の方が気がかりです。
(実は土曜日の午前のゲリラ豪雨で久しぶりに神田川の水位に気を病んでいましたが・・・)
Commented by a-ki_la at 2016-08-22 22:32

■ bernardbuffet さん

ステンレスカーは味気なくて、撮る気がなかなか湧きませんねぇ。
それでも鉄橋絡めば何となく絵になるんだから面白いものです。

今日は都内の河川ほぼ全部、警戒水域に達していましたね。
早く平時に戻りますように。
Commented by carbon_trek_y33 at 2016-08-22 23:19
お〜・・さすが、中井先生のご指導賜ったお写真。さすが〜! であります。
そうなんですね〜。こうやって青空いっぱい=夏! にすれば、良いのだな…。

ロケハンですか〜。次の本番ってどんなシーンが待ってるのでしょうか。
これだけでも十分なんだけど(自分的には)a-ki_laさんの事だから、
きっと、あっと驚く◯◯◯〜ぅうう! …なんでしょうな ( ̄ー ̄)ニヤリ。

>A River Runs Through It
原題からしても、ブラッド・ピット出演の【あの映画】が頭に浮かぶんですが…。
月一でも、近くの川へ出かけるのはもぅ本能? みたいなモノかも。
何故か落ち着く、川面の風景ですね。

それにしても、ソッチ方面に流れた台風…けっこう凄かったでしょうな。
大事なくて、何より。まだ油断はできないけど、(↑)は気持ちの良い空だなァ。

>上半身まっぱの爺さん
・・・そうそう。公園でもウロウロ…たく、ジィちゃん困るな〜(苦笑。
バシッと写し込んで、後から画像補正=服でも描いてあげるとか?
Commented by akkophoto1201 at 2016-08-23 00:37
パキッとした青空、ありがとーーーー!!!しかもギラってる!最高っ(≧▽≦)
アッキー^^ 改めて、この日もあの日も、お疲れっしたー!^^
お肌と体調、大丈夫でした?私は今日、ロボットのようだったぜぃ!(運動不足すぎ。笑)
これこれ、待ってた!一枚目、あの奥の巣?こうなってたんだ。
ていうか、サギの見分けもつくのねー!やっぱさすがです^^
そうだ、ひとつ聞き忘れた..
カワウ先生は、なぜ"先生"なのか!?今度教えて。笑
しかし、良い色した夕方だったねー^^
この河原にそんな思い出があったとは..ふふふ♪
一緒に歩けて、ほんと楽しかった!こちらこそありがとう^^
バカ笑いばっかして、ごめんね。笑
ちなみに私の方...ちろっとすぺさるゲスト、登場してるから。笑
それとね、1/5...全く出来ず、吊し上げくらうのは私の方。爆
いいの、諦めたから!!笑
あぁ~あのノンアル、めっちゃ沁みたなー!んまかったね^^
富士の国の彼女、例の掛川某所、行きたいってー!楽しみだね^^
Commented by hogecyan at 2016-08-23 00:41
マッパなじいさん。。。そこはやはり思い切って入れてみる。。笑
( ̄▽ ̄)
ウソです、、、
あー、向こうは神奈川県なのねー。ばあちゃんちがあったなあー。
Commented by okuryunoblog3 at 2016-08-23 05:34
おはようございます。
小学生時代、高校生時代の古き良き(?)思い出がいっぱいの河原ですか。
マラソン大会、しっかりおサボりになっていたんですね。
でも、いいな。
私は、現在、子どもの頃に住んでいたところからずいぶん離れてしまったので、思い出の場所にはめったに行けません。
あの頃の堤防をゆっくり散策してみたいなあと、つい思い出してしまいました。
マッパのじっちゃん、カメラ女子の目線に気づいていて、わざとうろうろしていたんでしょうか。
そのすき間を狙ってのショット、お見事です。
最後の青空構図もなかなかのもので・・・、
レイルマンさんたち、何て言うんでしょう。

Commented by syagaku at 2016-08-23 11:46 x
一枚目のサギのいる構図、落ち着いていていいですね。

この広い空の中を走る電車を見ると、
ほんと人間の小ささを感じます。

4枚目、広い青空の下、小さく電車が写っていますが、
銀色の車体が反射して存在感がしっかりと出ていますね。
Commented by kaotti-1 at 2016-08-23 11:50
暑い暑い言いながらも、こうやって鳥撮り鉄してるのね~^^尊敬してます。
多分とっても暑かったんじゃない?(しつこい)
じいさんも脱がないといられへんかったんやろな~。でも退いてほしいよね。
中二つはとても哀愁感じる。すてきやな~

台風、大変やったね。屋根支えてたんやろ?お疲れ様でしたん^^
しかし水害ひどいね。
Commented by yaguchitenga at 2016-08-23 15:33
多摩川は荒川と違い浅いし水が綺麗ですよね
鷺の立ち姿や飛ぶ姿も多摩川らしくていいですね
最後の電車と夕暮れ空が絵になってます
先の台風で多摩川の水量も増えた事でしょう
Commented by pothoslime at 2016-08-23 19:22
多摩川河川敷が素敵な場所に変貌しただけでも素敵でしたね^^
私、飯盒炊爨とカレーは得意なんで、ちょっとやってみたかったりしてw
いい1日で何より。
ロケハンはゆるゆるが良いですよ~
肩に力入ってたら何にも見えないと思うんですよね^^
台風も去って、ヨカッタヨカッタ~♡
レイルマン構図ね…あれって意識してやってみると難しいもんですね(^-^)
Commented by aitoyuuki32 at 2016-08-23 23:15
そちらは大丈夫でしたか

こん時も警戒水位だったのかな
それにしてものんびり楽しいオフ会
いやロケハンだったんだね

なんにも台風の影響のなかった名古屋から
たっくさん風が吹いた仙台にきています
Commented by a-ki_la at 2016-08-24 07:10

■ sadaさん

先日はエラそうにどーもスミマセンッ
難しいですよね、いざやってみると。さすがにこの距離で24mmは遠すぎました。(笑)
次回、河原へ遠乗りする時には、あの素敵な渋赤のトラス鉄橋でぜひやってみてください。

本番はですね、あっと驚くほどの不出来で、不甲斐ない結果に...orz
吊し上げられても泣いたりしないので(笑)、ぜひ弄ってやってください。
そうです、あの映画、DVDを借りてこなくちゃと思っていながらなかなか。
海から遠い国の民ですが、川は小さい頃から身近に。sadaさんも似たような感じでしょうか。
きっと、あのジモティの爺さんも毎日飽かず川を見に来るんでしょうね。
真っぱでも、後ろ向きだったり川を見つめてくれていればそのまま添景としたんですがね。(笑)

なんか、もうひとつ太平洋をウロウロ、彷徨っている台風がいますね。
上がってこないでほしいですけど、関西や四国も水不足気味??ウマいこといきませんね。
Commented by a-ki_la at 2016-08-24 07:10

■ akkoさん

いやぁお蔭さまでとっても貴重な経験をしましたー あっりがとさんでしたー
ネットで検索するのに慣れ切ってしまってるけど、ロケハンの重要性と大変さを痛感したよ。

あの日、何回か呟いたけど、思ったより河原がキレイで水もキレイで嬉しかった!
ここより7Kmほど上流は数年前、あまりキレイでない印象があったもんだから。
>コサギ
あー しまったまちごうた。1枚目はダイサギだ。飛んでるのがコサギ=趾が黄色。
気づかせてくれてありがとね。直しておいたよ。
なんでカワウ先生って言うかは...ここには書けないなぁ。内緒にしとこ。
撮られてるのは知ってたけど、汗みどろで首にタオル巻いてる酷い姿をどう料理してくれるのか
ちょっと楽しみだったのだー (笑) あの近さでタテ切りでよく電車を止めたね。凄すぎる~
掛川某所。天然モノはお互いに300mm以上を手に入れたらいつか行こうね。
それまでは繋がれてる子で練習だッ!
Commented by a-ki_la at 2016-08-24 07:10

■ keitoさん

ギャハハ、横向きとか後ろ向きシルエットだったら混ぜてあげてもよかったんだけどね。
こちらから顔が見える状態でずっとウロウロしてるんだもの。
一瞬、ウチの爺さん(実父)かと思ったー
Commented by a-ki_la at 2016-08-24 07:10

■ okuryuさん

歩かされたり走らされたりしたのは、この写真のちょうど対岸の土手なんですが、
どっちにしろ、あんまりいい思い出はなくて。
中学校は徒歩で30分近くかかり遠かったため、雨が降るとズル休みしたこともありましたなぁ。
まぁそんなだからロクなオトナにならなかったのですよ。
あら、okuryuさんは今のご自宅で生まれ育ったのかと勝手に思ってました。
川の傍で育った人は土手を、海の傍で育った人は堤防を。
大切な景色ってふとした時に思い出すものなのかもしれませんね。
鉄道写真家の中井精也先生の風景写真に憧れていますよ。レッスンも何度か受けたことがあるのですが
あの風貌と面白トークとは裏腹に、ゆるくない撮影スタイルなんですよ。
Commented by a-ki_la at 2016-08-24 07:11

■ syagakuさん

サギって高い木の上に巣をかけるイメージがあったのですが、流木がまるで玉座であるかのように
留まっていたり、浅瀬をバシャバシャ歩いたり。
遠すぎてキチンと撮れない分、カメラを双眼鏡代わりにして楽しめました。

4枚目、こちらもちょっと広角に撮り過ぎました。
西日がギラッとしているの、よく見えましたね。細かく見てくださってありがとうございます♪
Commented by a-ki_la at 2016-08-24 07:11

■ カオッチ

ちょいと事情があって、暑くともその先の楽しみのために行かねばならなかったの。
15時半過ぎからゆるりと歩き始めたよ。
実際はあまり晴れてなくて(4枚の青空は加工してるよ)、ひたすら蒸し暑い日だったな。
サギがたくさんいたり、釣りをする人がいたり。日陰は全くないと思ってたけど
実際歩いてみたら河原にも大きな木が結構あって、木の下で涼んでる人もたくさんいたよ。
一瞬、ウチの爺さんだったらどーしよと思ったけど、こちらはウチからは対岸(神奈川県になる)やった。(笑)

そうや、ボロでも住まわせてもらってるから、必死で押さえとったで。
今夜も突風警報が出てるー 台風10号がウロウロしててヤな感じやね。
Commented by a-ki_la at 2016-08-24 07:11

■ たにやんさん

そうですね、荒川の水量は半端ないですもんね。
首都圏の水を支えてくれていますし、隅田川は交通手段としても重要。
多摩川中流域は両岸に豊かな自然が残りつつ、ニンゲンとも程よい距離が保てるから
都市型の野鳥の楽園になってるのでしょうね。
ステンレス車がちょっと味気ないですが、鉄橋のある風景というのはやっぱりいいもんですよね。
Commented by a-ki_la at 2016-08-24 07:11

■ pothoslimeさん

そうですね、あまりいい思い出じゃないものを楽しい思い出で上書きする感じ?!
飯盒で炊くゴハン、火加減が結構難しいのですよね。
ワタシの時代にあった黒い飯盒って、今もあるんだろうか?
今どきの小学生はナニそれ?なんだろうなぁ。
河原で火を使う行事なんて先生も大変に違いないけど、今考えると昔の先生はスパルタだったです。
鳥撮ったり電車撮ったりして、全然役に立ってなかったかもですが、そうか、ゆるゆるでいいのか。
そ、レイルマン構図、めっちゃ難しいですよね。しみ込んだ黄金分割を崩すのは大変です。
Commented by a-ki_la at 2016-08-24 07:11

■ aitoyuuki32さん

はい、こちらは大丈夫でした。
これは1週間前。水量は少ないぐらいでしたよ。
無駄に思えたようなそんな数時間、でもこの無駄時間があったからこそ
気づけたことがありました。
今年の台風は変な動きをしていますね。今後も十分に警戒、備えていきましょう。
お土産写真を楽しみにしています♪
Commented by paprica at 2016-08-27 04:01 x
「とうとう」… これは絶対に読めない~! どこでこんなフレーズを見つけてくるの? また一つ勉強になりましたっ。 一番上の写真、サギが2羽いるけれど、奥にいるのは巣で待機しているのかなー。
こんな川辺の堤防を歩いたり走ったりして育ったんだね♪ 苦しい思い出がじんわりと伝わってきたよ。あぁ、「美味しくないカレーと芯のあるご飯」! ちょっと焦げ臭いんよね。みんな経験してきたことなんだろうけど、私は飯盒を持って何キロも歩いた思い出はないなー(笑) 

台風、a-ki_laさんのところは大丈夫だったんだね!良かった~。色んな所で大きな被害がでないことを祈っています。
Commented by a-ki_la at 2016-08-27 09:07

■ papricaさん

とうとうと流れるの「とうとう」ってなんだろーってふと思い浮かんだの。
難しい漢字で書けないし、読めもしないなぁと思って、自分のためにフリガナふっておいたよ。(笑)
ところどころにある流木溜りを玉座のように独占してるサギがいたなぁ。
あまりに遠すぎて(川幅150m、対岸の土手まで250m)キチンと写らなかったんだ。

飯盒での遠足は、学校が土手近だったせいと、当時の先生たちがアウトドア好きだったせいもあるかも。
先生たちがそういうの得意でないとそんな企画は生まれないだろうし、
今どきは外で火を使ったり炎天下を歩いたりするのは危険だし。時代は変わったよ。
ありがとうね、週明け、またモーレツ台風が関東・東海にやってきますorz
名前
URL
削除用パスワード
by a-ki_la | 2016-08-22 21:38 | 水耀 | Comments(22)