アイソメ寫眞館 Non Scale, Non Focusing   斜に見て焦点のない写真

おひぃさん #3

f0237034_10421686.jpg

のお雛様はちょっと変わっています という記事は、今回で最後。
初回の記事のお顔と比べて見て!
今回のはお口を大きく開けて笑ってるでしょ。(怖)

姪んちにて。 2012/2 撮






今日はお日柄が佳いので、おひなさん出そうっと。
お嫁に行けますように。(笑) え?

この一枚も2年前の写真。同日同レンズで撮ってます。
生身のヒトと同じなんですね、お人形。
ごく僅かに角度が変わるだけなのに、全く違う表情に見えることがあるなんて。
実は、怒っているように見えるカットもあるんですよ。
あまりにモタモタ撮ってて、終いには苦痛で怒らせちゃったのかな。
なんだか怖い気もします。

ワタシのお雛様は今の家をプチリフォームした8年前、人形供養に出しました。
そのままゴミに出したりしないでよかった...
あ、処分しちゃったからお嫁に行けなかったンかぁorz


 ※ 導入部分の「姪」に貼ったリンクはワタシの第3のブログです


Commented by yaguchitenga at 2014-02-22 11:09
ぞくっとする御話ですね
お菊人形とかね
でも、アングルとかライテングで
表情とか変化するのは当然ですけどね
木とかね角度を変えると人の顔に見えたりね
人形供養も大事かもです
だって人が丹念に作ったものだし大事んしてた人の心が
人形にあるかも知れないですしね
お雛様は大事にしてくださいね

Commented by sora-koto at 2014-02-22 14:06
人形って奥が深そう・・・
魂が篭ってるっていうけど
持ち主ももちろん、作り手の職人さんの魂もなんだろうね。

それにしても、姪っ子さんのお雛様は何度見てもステキ。
是非お嫁に行くときも持っていっていただきたい♪

私のお雛様は、お内裏様の首が抜けかけてました
箱から出すときに「首持っちゃいけません!」って母に言われてたのに
首を持ったからです(←バチアタリ)
あの人形どこいったんだろ・・・たぶんうちも供養に出されたと思ふ・・・
Commented at 2014-02-22 14:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pothoslime at 2014-02-22 20:55
こんばんわ~♪
このお雛さま、毎度拝見するけどとっても魅力的ですよ^^
長い黒髪がまるで生きているみたいです。
ちょっと顔立ちがkaottiさんみたいに見える~
お雛さまってあちこちで見ると、それぞれ顔が違うし、また仰るように見る角度によって表情が変わりますよね。
あれって見ているこちらの喜びや不安や、いろんな気持ちの中の彩を映しているんだと思います。
お人形を作る職人さんの魂がそうしたものをうまく映すんでしょうね♪(^-^)
Commented by lecielrose at 2014-02-23 08:59
あらほんとですね@@
初回のお写真とは表情が違って見える。
アングルによって変わるんでしょうか。不思議~
でもどちらのお顔も淑やかで可愛らしいですね。
降ろした黒髪と雅な衣装がとってもお似合い^^
初回は上からのアングル、今回は目線ぐらいで撮ったのね。
お人形の世界に入り込んだようでとってもいいですね。
東洋でも西洋でも、丹精込めて作られた人形には
魂が入るっていいますよね。
Commented by syagaku at 2014-02-23 14:28 x
今年ももう、お雛様の時期になったんですね。
僕は男兄弟だったので、お雛様には縁がなかったのですが、
本当に前回、前々回とそれぞれ表情が違ってますね。

やはり人形もお面などと一緒で角度によって、
表情が違って見えるものなんですね。

柔らかい光の感じがいいですね。
Commented by a-ki_la at 2014-02-23 22:45
■ たにやんさん

ぞくっとしますでしょ?!
人であれば当然なのは理解してるつもりですが、
この雛人形のお顔は極小、マンションのリビングの窓から入る自然光で、
ワタシが僅かに姿勢を低くしただけだから、すごく不思議に感じます。

顔のあるお人形、大事にしないとダメですね。
Commented by a-ki_la at 2014-02-23 22:45
■ soraさん

これは廉価ゆえ工芸品ではなく工業製品の範疇かもしれない...
それでも、大部分のいパーツは工員さんの手によるものだよねぇ。

きゃぁ 首ぐらぐら?!首のとこ持ちたくなる構造だもの。ワタシもやっちゃうな。
段飾りって出すのも仕舞うのも大変だー
人形供養をしてくれるところを探すのも大変だった記憶アリ。
顔のあるものを買う時はよく考え、心して買わないとダメだね。
自分の雛飾り、もう一度買おうかなぁ。
Commented by a-ki_la at 2014-02-23 22:46
■ カギさん at 2014-02-22 14:32

コッソリ見るのもアレ(どれ?)なので、ご挨拶代わりのペシっでした。
気づいてくれてありがとう!忙しいのにメールもありがとうね。
またひとつ楽しみが増えて嬉しいわ~

ちなみに、ワタシのサブ機のミラーレスにはファインダーがついてるンよ。
でもそこには背面液晶と同じ電子画像が映るのだー
やっぱり、カメラは「自分だけが覗く楽しみ」がなくっちゃ...(笑)
Commented by a-ki_la at 2014-02-23 22:46
■ pothoslimeさん

2年越しの組写。気が長いでしょ。
何となく2年前からこの順番で3回分いけるわーって目論んでたの。
カオッチ!ワタシもそう思ってました。どことなく彼女と似た雰囲気ありますね。
こんなに下膨れじゃないッて怒られちゃうかな。(笑)
あ!怒った顔に見えるショットも似てるか、来年検証しようかな。<コラっ

見る人の気持ちを映す、なるほど。
ぽとすさんが撮られる歴史あるお雛様たちは、ひと組の親子だでなく
何代もの家族の気持ちを映してきたのかもしれないですね。
Commented by a-ki_la at 2014-02-23 22:46
■ cielさん

僅かなアングルの違い、見分けてくださってありがとう。
このお雛様のお顔はフツーのお雛様より小さくて、目なんて
白目が分からないぐらいなのに...
35mm換算で170mm相当の中望遠だから、きっとホンノちょこっと
レンズを下げただけだと思うの。
それだけでこれほど違うこと、不思議に感じます。

お人形って迂闊に買ったり手放したりしてはいけないのね...
Commented by a-ki_la at 2014-02-23 22:46
■ syagakuさん

あぁ、能面なんかもシーンやフリによって表情が変わって
見えるんでしたね。実演は学生の時に1度しかみたことがないのだけど、
syagakuさんの薪能の面は迫力ありました。

姪んちは写真を撮るのになかなか好い環境です。
新しいマンションにはもう見かけない擦りガラス越しに入る光。
柔らかいのですよ~
Commented by kyon-chanphoto at 2014-02-23 22:54
こんばんは。
めっちゃ流し目、妖艶な小悪魔的なお雛様。
現実の今の世界にもこんな子いそうで
ちょっとゾクってしました(笑)
ちなみに我が家のお雛様は引っ越し時に古美術商へ・・・
やっぱ供養しておくべきだったぁ ^^;
Commented by a-ki_la at 2014-02-24 06:29
■ kyon-chanさん

わはは、艶然とほほ笑むように見えますか。
ほぅ。見る人の気持ちが映るのかも?そうかも!と、ぽとすさんと
話していたところです。(笑)
あぁ、でもだんだんそんなふうにも見えてきた!

大丈夫よ!それならきっと、次の持ち主となる方に託された訳で。
Commented by bernardbuffet at 2014-02-24 17:15
二週続けて雪に見舞われましたが、暦を見るともうすぐ三月!
梅が綻び雛が華やぎ、そうするとほどなく桜の季節!
Commented by a-ki_la at 2014-02-25 20:55
■ bernardbuffetさん

こちらも見てくださってありがとうございます。
2週続けての大雪に梅はどうしたかと思えば、咲き進まずに
待っていたようでそろそろ満開に近づきますね。
桃の花も可愛いのに、いつもその存在を忘れてしまいます。
名前
URL
削除用パスワード
by a-ki_la | 2014-02-22 10:44 | 贔屓 | Comments(16)