アイソメ寫眞館 Non Scale, Non Focusing   斜に見て焦点のない写真

嫁入り道具

f0237034_23121574.jpg

ワタシの、ではありませぬ!(゚∀゚)



自宅にて。 Brother 足踏みミシンHA-1?1950-60年頃?






カメラもですが、イマドキはミシンのお値段もピン切りですね。
昔は嫁入り道具として揃えるようなシロモノだったようです。

このミシン、もとは足踏みミシン。
伯母(ワタシの父の義理姉)の嫁入り道具として持ち込まれました。
祖父が使い(笑)、祖父の亡き後、ずいぶん経ってから、
伯母が業者に依頼して電動の卓上機に改造し、ずっと保管してあったのだとか。
で、先日、ワタシの父に下げ渡されました。
流転のミシン。

汚れているのを出来るだけ落として油を差したら、動きは快調だそう。
電動になっても、歯が送られる時の静かな心地いい音がするんですよ。
縫製の職人だったらしい祖父の息子であるワタシの父、75歳。
カエルの子、なのでしょう。
ミシンに屈みこんでいる様子は、写真立ての中の祖父に
ソックリになってきました。
コドモの時には、父と祖父は似てないなぁって思ってたのに。

撮りにくくって... (・・;)
本体の黒×メッキのフェイスプレート。
鈍いシルバーに細工の施された感じ、かなり渋くてカッコいいのです。
ちとカビ臭い。(笑)
下糸がまだ相当ツレているのも、そのうち「父が」調整するのでしょう。
ワタシ、ミシン「も」不得意だもん!
その点で、ワタシはカエルではなさそうですorz


Commented by bacchus06 at 2013-10-14 05:20
側面の細工がめちゃくちゃかっこいい!かなりお高いのでしょうね。うち嫁の嫁入り道具にもありました、ミシン。今でも押入れに眠っています(笑)実家には編み機もありましたよ。今編み機ある家庭なんてあるんですかね。
Commented by eohiuchinada at 2013-10-14 06:45
またまた「全米も泣く」記事ですね(>_<)
アールヌーボーっていうんでしょうか? 唐草文が素敵すぎです。
上糸を掛けるテコの部分も、ドラム発条のパーツも工芸品としての美しさが際立ってますね~ これだけ手間暇掛けた道具はもう造れないのではないかと・・ 是非、大切に伝承されてください♡
Commented by yaguchitenga at 2013-10-14 07:26
足踏みミシン、母が使用してました
僕も使い方を習った事があります
モノトーンが余計懐かしさを感じました
模様も素敵です
代々受け継がれたモノには心が宿る
と聞いてます。
Commented by june_an at 2013-10-14 07:49
渋くて重厚な雰囲気。
今の電動ミシンでは絶対味わえないものですよね〜
できれば足踏みのまま残したかったのかもしれませんね。
家にも小学生の頃まで母が使っていたものが。。
私はとうとう最後まで使いこなせなかったなぁ(><)
今は電動ミシンがあるけど、どうも機械ものは相性が悪いようでww
縫い物はたいてい手縫い(単に出すのが面倒という話も・・笑)
Commented by emi at 2013-10-14 13:46 x
すてきなミシンですねー。
母はアメリカ製のニューヨーカーの足踏みミシンを使っていました。
家庭科の宿題で私も少し使ってみたっけ。
縫製など未経験なのに雇っていただいて早20年も縫製業(お直し)を続けています。
足踏み電動。一踏みですごく進むので最初の頃は指を縫ってしまいそうでこわかった。
お父さまに動かしてもらって喜んでいますね。ミシンさん。
家宝ですね。a-ki_laさんも雑巾縫いとかで遊んでみてはいかがですか?
うらやましいな。
Commented by アキラ at 2013-10-14 16:46 x
めちゃくちゃかっこいいデザイン!
切り取り方も素晴らしいし、
質感もよく出ていますね。
私、ミシンの使い方がいまだにわかりません・・・。
Commented by pothoslime at 2013-10-14 18:41
いやいや、案外アッキーさんも、ミシンと仲良くしたら埋もれていた能力が開花したりして^^
カエルやなくてオタマジャクシやったりして~♪
見事な質感で、針の先に糸が通っているのもよく分ります。
金属の重厚感もイイね^^
うちにもこうした足踏み式のミシンが有った時代がありました。
母親が使ってたんですが、私よくそれで遊んでましたよ。
どんだけ早いこと踏めるか@@!なんて。
うちのはジャノメやったように思います。
あのミシン、いつの間に無いようになったんかな(・・?
Commented by lecielrose at 2013-10-14 20:01
凝った細工のお洒落なミシンですね!
うちにも祖母が使っていたこんなミシン、確かあったはずなんだけど
今はどこに行ったんだろう ・・・?
探してまた眺めたくなりました( ^∀^ )
光と影を巧みに使ったお写真から
ミシンの質感や歴史も伝わる感じですごく素敵ですね~♪
Commented by a-ki_la at 2013-10-14 20:38
■ bacchus06さん

カッコいいでしょ!
機種に関する情報が殆どなくて素性がよく分からず残念。
編み機!アイロンみたいなのをジャーっと左右に滑らすのなら
コドモの頃、近所のお宅で何度か見たことがあります!
頼んでも絶対に触らせてもらえなかったなぁ。
Commented by a-ki_la at 2013-10-14 20:38
■ eoさん

呆れてないといいのですが、全米。<ネタ切れ救済の家族ネタw
シンガーミシンの模倣だとかどうだとか。模倣は最大の賛辞w
工業製品において、機能とは直接関係ないところに
人の手で施す飾り細工ほど贅沢なものはありませんね。

伯母は洒落者なのです。もしかしたらこだわりの品なのかも。
裁縫は大して得意ではなかったと聞いています。(笑)
伝承...orz ミシンにはトラウマがありましてー
Commented by a-ki_la at 2013-10-14 20:39
■ たにやんさん

あ、じゃぁ動かしてみた事がおありですか。
最初のひと踏みとはずみ車を操作するタイミング...
スタートが難しいのでしたね。
>心が宿る
そうかもしれません。ウチには両祖父や伯父の形見の道具が
いくつか転がってます。捨てられませんね
Commented by a-ki_la at 2013-10-14 20:39
■ juneさん

実際、かなり重いのです。ひとりでは持ち上がらないの。
すっかり爺さんになった父は持ち上げられるのだから、びっくり。
長い事、足踏みのまま物置台になってたんですよ。
実は持ち主の伯母はミシンがそれほど出来ないんだとか。(笑)
難しいのよね...足踏みミシンのスタートが。
Commented by a-ki_la at 2013-10-14 20:39
■ emiさん

あら、舶来品を?!それはすごいな。
日本のミシンメーカーは海外製品を模倣したモデルを製造していたと
どこかで読みました。この細工のプレートもそうかも。

縫製のお仕事でしたか。未経験スタートでずっと続けてらっしゃるのだから
きっと性にあっていたのですね。
ワタシ、学生の頃、指を...縫ってはいないけどミシンで怪我をしたことがあって。
やっぱり怖いのよね...
Commented by a-ki_la at 2013-10-14 20:39
■ アキラさん

素敵な飾りプレートでしょ。
全体像を収めるとこの素敵な細工が見えない。
この細工だけ撮ったら、何なのか分からない。切り取り、迷いました~

イマドキのミシンは一か所に糸を通せば後はビューっとやってくれますよ。
写真を読み込んで刺繍もしてくれるらしい...(@_@;)
Commented by a-ki_la at 2013-10-14 20:39
■ pothoslimeさん

ひゃはは、これから!かもしれないですか?!
頑張っちゃおうかな。<ウソつけ
これは難しい課題でした~モタモタしててどんどん光が変わってしまって。
何せ重くてワタシひとりの力では動かせなくて。
商品説明の写真って難しいのねぇって改めて思いました。

早踏み競争ですか。(笑) 最初にひと踏みふた踏みのリズムが
難しいのでしたね。勢いに乗ったらダーっていけるけど。
Commented by a-ki_la at 2013-10-14 20:40
■ cielさん

機能には直接関係のなさそなところでの、この細工は
手間という意味でコスト度外視ですよね。
足踏みミシンが身近におありだった方ばかりで、びっくりしてます。
デザインの美しい道具って、眺めたくなりますね。
その感覚、とってもよく分かります!!

暗くなる手前の方にレフ当てようか...ちらと思いはしましたが、
影になる部分が潰れるのも、ワタシ、嫌いじゃないのです。<言いワケw
Commented by kyon-chanphoto at 2013-10-14 20:42
こんばんは。
年月を経て受け継がれてきたものって
本当にかっこいい!!
しかも現役で働き続けることができるなんてシブイ!!
これからも現役でいてくださいね。
Commented by a-ki_la at 2013-10-15 07:04
■ kyon-chanphotoさん

おそらく伯母宅の押し入れの中でこのままひそりと存在を忘れられていたに違いなく。
ひょんなことから縫物やミシンの話になり、父が譲ってもらったようです。
道具って使ってこそ、なんですよね。
Commented by asobo at 2013-10-15 19:50 x
うちにもこういうミシンがあったなぁ。
かすかに薫るミシン用のオイルの香りが好きだった。
時々ジーンズの補修に使っていたよ。
Commented by FF-kozou at 2013-10-15 20:51
私の家にもこんなミシンがありますよ〜!
母の嫁入り道具だったみたいだけど・・・
やはり電動化したけど、その後動かこともなく^^;
痩せっぽちだったこともあり、中学時代から母に教わりミシン踏んでました^^
Commented by a-ki_la at 2013-10-15 22:36
■ asoboさん

asoboさんのお宅にもありましたか。
ミシン油の匂い、お好き?イマドキのミシンには油なんてささないだろうから、
この匂いも含めて貴重かもしれませんね。
ジーンズも手入れしてたんですね。さすがだなぁasoboさん。
Commented by a-ki_la at 2013-10-15 22:41
■ FF-kozouさん

あら、ゾウさんのところにも?! やっぱり嫁入り道具でしたか。
そうそう、電化してポータブルケース一体型にしたけど、本体だけで
十分重いもの。
結局、出して使うことがなくなってしまいますね。
へぇ 足踏みミシンを使えたとは凄い。尊敬します!
Commented by gallery-i at 2013-10-20 13:47
御自宅に素敵なアンティークをお持ちですねー!
装飾がまた素敵。
こうゆう画には、モノトーン、似合いますね!!!
引き込まれます。
Commented by a-ki_la at 2013-10-20 18:08
■ gallery-i さん

ポータブル電動型に改造してあるので、なんちゃってアンティーク。
無粋なモーター部が写らないように撮るのに、苦心しました。(笑)
モノクロに変換したら、画がクリアになったようです。
なぜだか分かりませんが、ラッキー♪
名前
URL
削除用パスワード
by a-ki_la | 2013-10-13 23:15 | 贔屓 | Comments(24)