アイソメ寫眞館 Non Scale, Non Focusing   斜に見て焦点のない写真

ロングライフプロダクツ

f0237034_6552519.jpg

25年ほど前亡くなった父のすぐ上の兄=ワタシの伯父の遺品です。
レンズシャッター式カメラ、MAMIYA 35S。
ワタシよりずっと先輩の昭和33(1958)年発売。

自宅にて。




「スープの冷めない距離」に住む、80歳の伯母。
先日、ひょんな事から、早くに亡くなった伯父(彼女の旦那さんネ)のカメラの話に。
オリンパスとかペンタックスとか...今もあるの?ですって。ありますからー(笑)。

そして、話の最後に伯母がサイドボードの陰から無造作に出してきたのがこれ。
「写るかどうかわからないけど、よかったら持ってって!」だって。
当時の普及型コンパクトカメラ。残念ながらレンズ交換式ではありません。
古いオリンパス PEN-Fとかだったら...、
Zuikoレンズがついた、MAMIYAスプリング式カメラや二眼レフカメラだったら...
なーんて、贅沢言っちゃダメですね。

いつもの量販店で35mmカラーネガフィルムを初めて買い、おっかなびっくり装填。
取りあえず写りました。汚れも酷いし、一部不調な部分も。
現在、点検クリーニングで入院中。
これは、入院前にマスクをして(!)、の記念スナップです。

ジャンク品として数千円の価値しかないと思われるものに、
数倍の費用をかけてメンテナンス。酔狂以外の何ものでもありませんが、
今頃になってワタシの元にやってきたのも何かの縁でしょう。
電気的機構はひとつもありません。
半世紀を経てもなお動く機械、立派じゃぁないですか。

ぴかぴかになって戻ってきたら、少し使ってあげたいと思っています。
         └> 2週間後、見違えるようになって戻ってきました!

 

覚書
マミヤ35S(F2.8) 1958(昭和33)年8月発売
マミヤ35Ⅲ型の後継モデルで普及型
レンズ:マミヤセコールT48mm F2.8(3群3枚構成) シャッター:コパルSV
サイズ/重量:76×130×71mm/674g

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐キリトリ線‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
「MAMIYA」、カメラのブランド名に創始者の姓をつけるのは
大変珍しいことだそうですが、
不良品を作れば必ず自分のもとに跳ね返ってくる、という自戒から
自らの苗字をブランド名にあてたのだとか。(マミヤ ファンサイトから抜粋)

ギリシア神話の神の集う山の名前からとった、とか、
観音菩薩にあやかってだの、日の光だの...ゴニョゴニョ。

ネーミングっていうのも奥深いですねー 
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐キリトレマ線‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐



「フィルムの巨人」倒れる。(2012/01/22 追記)
 イーストマン・コダックは19日、
 米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を、
 ニューヨークの連邦地裁に申請したと発表した。
 負債総額5200億円。つなぎ融資にて業務継続とのこと。
 国内でのコダック製品の提供も継続される見通し。


Commented by donguri-chan at 2010-11-01 07:41
ハッとするような美しい写真の数々に
うっとりとさせていただいております!
これからゆっくり過去の記事も読ませていただきますね!
またお邪魔させていただいてもよろしいですか~?
これからもよろしくお願いいたします(^^)

Commented by from-minami at 2010-11-01 09:36
おはようございま~す。
小学生の頃うちにあったカメラに似ていてビックリしました!
母が使ってたんですけど、結構長~く使ってたように思います。
ファインダーをのぞいて撮るのが普通だったんですよね・・・。懐かしいなぁ~!
落としちゃうといけないからって、あまり触らせてもらえなかったのを覚えています^^;
でも、お出かけの時、たまに撮らせてくれるんですがすごく嬉しかったのを覚えてます。
その頃の気持ちと、今自分のカメラで撮ってる時の気持ちは変わらないような気がします^^;
Commented by 成記 at 2010-11-01 16:00 x
すげ!
光の当たり具合が秀逸だね。

コレ写るの?
アッキー、これもらっちゃおう(コソリ
うーん。確かうちの実家にも古いカメラがあったはず。
ろーらいふれっくすとか言う二眼レフだったはず。

Commented by eohiuchinada at 2010-11-01 19:19
切り取り線(笑)

光学機器メーカーの社名由来は笑っちゃいますよね^^
ミノルタは日独写真機商店(同盟か!),創立者の座右の銘「ミノルほど頭をタれる稲穂かな」
ペンタックスは旭光学工業,アサヒフレックス+ペンタプリズムの合成造語。
ニコンは日本光学工業の略称,日光からの変異。
笑っちゃうキヤノンは記事の紹介にあるとおり観音様から(笑)
して,オリンポス!! 高千穂製作所絡みで神々の山よりインスパイア~
因みにズイコーは,同社のレンズ開発部門「瑞穂光学研究所」の瑞と光が由来らしい。

にしてもシブイですねー マミヤ^^
パトローネ巻取り側のがシャッター速度設定ダイヤルでしょうか・・・
オリジナルのレンズキャップまであるのはさすが個人蔵ですね。
叔父様の遺品なら尚のこと,是非使ってあげてください( ´∀`)
Commented by a-ki_la at 2010-11-01 21:20
+ donguri-chanさん

ようこそ!いらしてくださってありがとうございます♪
ワタシも1記事1枚。
拙い写真1枚こっきりでは、なかなか伝えられなくて、
文章がどんどん長くなっていきます(笑)。
3日に一度ぐらいのゆっくり更新ですが、
よかったらぜひ、また遊びにいらしてくださいね!
Commented by a-ki_la at 2010-11-01 22:40
+ みなみさん

おぉーそれは奇遇です。いい思い出だね。
それがちゃんと今に繋がってるんだ!!

ワタシが子供の頃にウチにあったカメラがどんなのだったか、
うっすらとしか覚えていなくて。
イマドキは小学生のデジカメ所持率が高くてびっくりよね。
ワタシ、初めて自分用のカメラを買ったのは、社会人になって数年経ってから。
友人の結婚式が多くなった頃ネ(笑)。
カメラなんて縁がなかったし、思い出もないのに、なぜ今こんなに夢中なんだろ。
Commented at 2010-11-01 22:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by a-ki_la at 2010-11-01 22:46
+ 成記さん

>光
「半身浴」にして正解だったかなw
こういう地味な品の物撮りって、単に眠いだけの写真になりがちで、難しいです^^;

>写る?
写るんです!びっくり。ただし、「天然デイドリーム調」でしたけどね。
うん、くれるって言ってたから、堂々と貰っちゃうヾ(o´▽`)ノ

>ローライ
うそーん。それ、すぐに保護───っ!!
Commented by ecollix at 2010-11-01 23:00
ひゃー、ほんと!
コドモの頃に父が持ってたカメラも、こんなのだったのかなー!?
となるとですよ、、
今のあたしのカメラも、むやみに処分せずにとっておこうか?
って、甥姪も実子も
こんな風に、古いカメラに陽を当ててくれたりしないな、絶対、たぶん。

どんな写真が撮れるのか楽しみです。

つうか、いっこ前のリス──────!
ボーッとしてたらコメしそこなった。
すっごいですね、よくこんなカワイイ姿が撮れましたね!
パッと見た時、栗かと思った(笑)
Commented by paprica at 2010-11-01 23:06 x
古いものにはなんともいえない愛らしさがあるねぇ。これって、片方のメモリは、ぐるぐるとフィルムを巻いていくものですよねー?もう片方はなんだっけ?なつかしぃ。妹たちと父に内緒で、カメラで遊んだことがあったっけな。フィルムが入ってないのに、カメラの前でポーズのし合いっこして。
このカメラでとった写真、是非、紹介してくださいませ!
Commented by a-ki_la at 2010-11-01 23:16
+ eoさん

うひひ。万が一炎上したら(しないっつーのw)切り取りマス。←卑怯モノっ

>社名由来
おぉ、このまま記事に差し込みたいですw ありがとうございます。
そうか、ミノルタの「タ」もコニカの前進も、創業者の姓の一部なのですね。
どこかのオリンポス山、神はE-システムのレンズにだけ宿り、
E-XXXのボディにはいらっしゃらないようですorz あ-今日は黒いなa-ki_la。

>巻き取り側
言葉も仕組みも良く分からなくて...
向かって右側(裏蓋側から見て左側)がフイルム装填室、
向かって左側がフイルム巻き取り室ですよね?
装填側がISO、巻き取り側はフイルムカウンター?実は、よく分からない(爆)
レンズ周りのリング部、撮像側から、距離・絞り・シャッタースピード...たぶん。
「何とか」に真珠。あ、真珠ほど高価なものではありませんが、
大好きだった伯父との思い出と共に、大事にしたいと思います。
Commented by a-ki_la at 2010-11-01 23:27
+ カギさん at 2010-11-01 22:46

ありがとう。大事にします。フィルムカメラはランニングコストが嵩むから、
ガシガシとは撮れないけれどね(笑)。

子供のいない伯父夫婦でした。伯母も伯父も、それぞれにクセのあるヒトでしたよ。
思いっきりプライベートなエピソードをひとつ。

伯父とは小学生~中学上がった頃まで、よくオセロをしました。
負けた石の数×¥(その時によって違った)、相手に払います。
子供相手に手を抜いてくれないから、いつもワタシが巻き上げられていたけど、
勝負しよう!って誘うのはいつもワタシ。
人生の不条理を教えてくれようとしていたのかも(笑)。
Commented by a-ki_la at 2010-11-01 23:39
+ ecollixさん

>今のカメラ
カメラに限らず、今の時代のモノはロングライフだろうか?
製品寿命という意味では、まず無理だし(何でもすぐダメになるねー)、
デザインとか質感とか重さとかの点でも、長く愛されるモノってあるんだろうか。
このカメラ、持つとヒンヤリとして重いんだよ。そしてカビくさい(笑)。
面白いのが撮れたら、スキャンしてアップするね。
不調な部分がどれだけあるか、いま診断中。大事ないといいけど。

>栗
それに鼠を足したら=栗鼠(りす)
Commented by e-ran at 2010-11-01 23:46 x
こんばんは。

これは、オリンパスのPENに似ていますね。
マミヤというメーカーは知りませんでした。

私が生まれる前に存在した道具、また新しい世代で復活ですね。
趣味で使う道具は、所有することの喜びがあります。
きっと叔父様も大事にされていたんでしょうね。

私のE-520が、自分の孫の世代で復活することになれば、きっと嬉しいだろうなぁ。
その頃にはZUIKOはもう存在しないのでしょうか。
Commented by a-ki_la at 2010-11-01 23:47
+ papricaさん

そうなんだよね。佇まいってモノに対して使っていいか分からないけど、
雰囲気あるよね。

>もう片方
向かって左は、撮影前に前のコマをひとつ分巻き上げる部分。
向かって右は、全部撮影し終わった時にフィルムを巻き戻す部分、かな。

>カメラで遊んだ
へぇ、papricaさんにもそんな思い出があるんだね。
ワタシ、昔のカメラのこと、全然覚えていないんだよ。
長女だから、写真はたくさん撮ってもらってて、残ってるのに。
5歳年下の妹の写真はえらく少ないのです(笑)。
Commented by a-ki_la at 2010-11-02 00:03
+ e-ranさん

そうね、シルバー×ブラックのツートンの外観はパッと見、似てますね。
ワタシももちろん知らなかったですよ。
マミヤの二眼レフの愛好家、結構いらっしゃるようで、検索すると結構ヒットしました。
このカメラ、モデル名が刻印されていないので、
仕様を調べるのにずいぶんと手間取りましたよ。

このまま、ミラーレス&電子ビューファインダが標準になるのかしらん。
カメラが「電化製品化」しているような気がします...
迷走中のオシンポス山に限らず、
「電化製品」が半世紀超えて生き残れるor復刻する、とは、とうてい思えないなー
Commented by ハナ at 2010-11-02 23:12 x
>ワタシよりずっと先輩の昭和33
よーしよし、だいぶ限定されてきましたよ、これは~(゚∀゚)
ふむふむ・・・ だいたいぺさんと同じくらいやな・・・ (違います?!涙)

この後ろのフィルムの箱を見て、「オロナイン」を思い出し、もうそれからオロナインにしか見えません・・(ノ∀`)
(わーん!こんなコメントでごめんなさいぃぃぃい! il||li_| ̄|〇il||li )
Commented by ひろ at 2010-11-02 23:35 x
こんばんは^^
遺品ですもの、お金をかけてでも綺麗にしてあげてくださいな^^
それでいろいろ撮ってあげると、伯父様も喜ばれるでしょうね^^
Commented by a-ki_la at 2010-11-02 23:45
+ ハナさん

お───っと。
年齢不詳な2名。この表現は正しくないです。
年齢不詳な1名と年齢性別不詳な1頭、が正しいです。
ペさんに「東京オリンピックは知ってるかい?」って聞いてみそ?
ワタシは知らんでーw

このフィルムの箱、ちょっとステキじゃない?
だいぶ前のオロナインの記事、外箱も一緒に撮ればよかったなーって
実はこれ見て思ったの!!オロナインの箱、よく見ればオサレなんだよ。
Commented by a-ki_la at 2010-11-02 23:51
+ ひろさん

伯父には子供の頃、だいぶ可愛がってもらいました。
もっとずっと早くにこのカメラの存在を知ったとしたら、
まったく興味が湧かなかったろうな~と思うと不思議な縁を感じます。
OH後の初撮り...仏壇に供えて報告出来る程度の出来でありますように(笑)。
Commented by おさむ at 2010-11-03 02:12 x
カメラのことはわからないけど。
33年といったら、かなり骨董品になるんですか。
デジカメしかない世の中だから
フィルム式のしかもこんなにクラシックなカメラって
持って歩いたらお洒落じゃないですか?
ピカピカになってもどってきたら
愛着の沸くアイテムになりそうですね。

Commented by donguri-chan at 2010-11-03 03:39
こんばんわ!a-ki_laさま
リンクさせていただきにまいりました~(^^)
またお邪魔させてくださいね♪
Commented by a-ki_la at 2010-11-03 23:20
+ おさむさん

こうなの。最初の発売はS33だけど、もう少し後に買ったんじゃないかな。
それにしたって、50年近いわけです。
関係者にはpricelessな価値がある、だけの大衆機なので、
残念ながら、オサレでもなんでもないのよ。
全部Autoでも撮れる今のカメラと違って、1枚撮るのにも厄介なんだけど、
何だか面白そうなの!
Commented by a-ki_la at 2010-11-03 23:21
+ donguri-chanさん

あら、ご丁寧にありがとうございます^^
リンクしていただけるなんて光栄です。
こちらもいただきますね。これからもどうぞヨロシクです。
Commented by wulm at 2010-11-03 23:47
こういうカメラって絵になるんですねえ...アナログって感じがめちゃ良い!!
ああ..でもこれうまいっすよねえ光!!
俺も光ってとても大事に思うけど..なかなか突き詰められない。
自然光ですよね。お見事...で小物使いもお見事!!
これって粉びとでもいつもそう思います。
小物撮り勉強になります!!
Commented by しのにぃ at 2010-11-04 12:08 x
性能はともかく、50歳のカメラもいつかは100歳になり、人間と違って150歳にもなり得ますからね。是非、大事にして、誰か身内に送り渡してあげてください。(^-^)
とりあえず、退院後には、是非伯母様の記念写真を!(^3^)/
Commented by a-ki_la at 2010-11-04 21:53
+ wulmさん

持ち重りするというのかなー 金属の重さとヒンヤリ感がなんとも言えません。
カビ臭くて、出来るだけ顔から離して試し撮りしたんだよ(笑)。
この写真は、粉モノ撮る時と同じセッティングとイメージで。

>光
誰にも攻略出来ないのかも。
でも、@アイソを通してお付き合いさせてもらってる愉快な仲間たちはみな、
光と上手に付き合ってるなーって、いつも感動します。
Commented by a-ki_la at 2010-11-04 22:00
+ しのにぃさん

そっか。自分の手元に転がり込んできたことに気を取られてばっかりいたけれど、
誰かに(姪しかおらん...)譲り渡す。なるほどー。

>伯母
どうかなー このカメラについて、「1枚撮るのに時間がかかって、
モデルのワタシはいつもイライラしてたのよー」って、言っていたもの(笑)。
でも、取りあえず聞いてみようっと。
「黒縁の額に飾る用じゃないよ!」(笑)。気難しい面もないわけじゃないけど、
↑ これぐらいのジョークも通じる粋な伯母なんです。
名前
URL
削除用パスワード
by a-ki_la | 2010-11-01 06:57 | 贔屓 | Comments(28)